*

サラリーマンも経費が認められるって本当?3

公開日: : 最終更新日:2014/12/27 年末調整, 所得税, 源泉徴収票, 税金(総合), 節税

さて、前回までで、「サラリーマンでも認められる経費の確認」「実際にメリットがあるかどうかの確認方法」といった順序で説明をしてきました。

 

このような内容を説明させていただいたのには大きな理由があります。

もちろん、皆さんに税金のことを知ってほしい、ご自身やご家庭のことを把握してほしい、といった気持ちはあります。

ですが、一番の理由は「自分にお金がないことや、親が子どもを扶養から外したくない気持ち、親が子どもを甘やかしてただお金を渡すことなどで、自分自身やお子様の行動を制限してほしくない」からです。(お気を悪くされた方は申し訳ございません)

私には大学生時代に、やりたいことが明確にありながらお金がないからと諦め、103万円以上はアルバイトをするなと親に言われ専門学校に行くお金を貯めれなかった友人、月20万円の仕送りを親からもらっており生活に困らないため大学を中退して引きこもりになってしまった友人がおりました。

当時はこのような法律もなく、私も大学生で知識もありませんでしたので、もったいないなぁと思いながら、気の利いたことを言ってあげることもできませんでした。しかし、今ならそういった方々が活路を見出すお手伝いができるかもしれないという気持ちが大きいです。

 


 

話を戻します。過去2回でお伝えしましたとおり、お勤め先の業務に直結する資格取得の費用は経費にすることができます

ですので、自分でアルバイトをしながら資格取得に励み、税金の納税はなるべく少なく抑えることができます。なによりも実務を学びながら資格の勉強をすることで、勉強の効率も格段に上がります。(実際に私も実務経験から、ファイナンシャルプランナーの資格をほぼ勉強することなく取得できました。)

 

そして、以前に少し触れました「年収103万円を超えても扶養に入ることができる」方法の1つでもあります。簡単に説明しますと、「年収103万円」という制限は、「課税所得が0円になる→扶養に入る」ための制限です。

「年収103万円-給与所得控除65万円(年収195万円以下まではこの金額です)-基礎控除38万円(全ての方に認められている控除です)=課税所得0円」

つまり、控除(経費)部分の金額が大きくなれば、年収が増えても扶養に入ることができるのです。

例えば、資格取得のために専門学校に通う費用として年間60万円を支払った場合、

「年収135.5万円-控除合計97.5万円{給与所得控除65万円+(学費60万円-65万円×2分の1)}-基礎控除38万円=課税所得0円」これでも扶養に入ります。弁護士や税理士の資格取得の際に、専門学校等に通うにはかなりの支払いが必要となりますので、こういった方法で「お子様が自分で稼いだお金で勉強をする習慣を身につける」ことができます。また、「結婚を期に夢を諦めた主婦(夫)の方が扶養の範囲内で夢を再度追いかけること」もできます。

 

少し感情的に書いてしまったこともあり、気分を害された方にはお詫び申し上げます。

そして、決して強要しているわけではなく、「こういった方法もある」という、あくまで選択肢の1つとして頭の片隅にでも置いておいていただけると幸いです。乱文乱筆失礼致しました。

 

※上記の内容は、平成26年9月20日時点の法律に則って記載しております。

関連記事

haikei3

収入と所得の違いとは?

はじめまして、から少し時間が空いてしまいました。 ブログページの設定やら何やら、新しいことばか

記事を読む

27kaiseitop

平成27年度税制改正大綱 《住宅ローン控除の延長》

さて、少し時間が空いてしまいましたが、税制改正大綱に引き続き触れていきたいと思います。 &nb

記事を読む

iryouhiouzyo

医療費控除の対象になる医療費はコレだ!

さて、前回は10万円を超えていなくても医療費控除が受けられる場合があることを書かせていただきました。

記事を読む

haikei3

事業所得の節税ケース1~こども服転売~

前回の最後に触れましたとおり、今回からは様々な節税のケースを見ていきたいと思います。 最初は、

記事を読む

kigyounenkin

個人事業主や零細企業でも導入できる企業年金はないの?!

さて、今回で「企業年金」シリーズも最終です。 個人事業主や零細企業でも導入できる企業年金につい

記事を読む

27kaiseitop

平成27年度税制改正大綱 《法人税率の引き下げ》

さて、法人税率引き下げがついに実行されます。 今回はその改正についてみていきましょう。

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

税金はどうして払わされている感じがするのだろう?

さて、税制改正大綱も一段落しましたので、いただいている質問に対して書かせていただきます。 今回

記事を読む

kirin

週末起業は事業所得を選べ!!2

前回は個人的な意見をただただ書き綴ることになってしまいました。今回は、週末起業であっても「事業所得」

記事を読む

marufu

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書を渡されなかったけど、どうすればいいの?

年末調整が終わりに近づいておりますが、ご質問をいただきましたのでお答え致します。  

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

年末調整の還付額が減ったんだけど?

さて、今回もご質問いただいた内容について書かせていただきます。 年末調整の還付額ってそもそもな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

税ブロのロゴ.jpg
こうやって見たら「VALU」って無敵じゃない?

すごく久しぶりに書きます。すみません、ホント。  

税ブロのロゴ.jpg
個別のご相談はこちらから!

  日常生活における税金に関するお悩みにお答えします

20140918_gensenzeita
退職してからどれぐらいで源泉徴収票がもらえるの?1

すっかり時間が空いてしまいました、申し訳ございません。 週に数回

税ブロのロゴ.jpg
あなたの会社の経理は仕組み化できていますか?

大変ながらく更新が滞ってしまいました。 多くの質問にまだお答えで

税ブロのロゴ.jpg
社割り(従業員割引)を給与に加算されたんだけど?

さて、今回は質問をいただきました内容について書かせていただきます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑