*

所得税の課税対象って?~給与所得~2

公開日: : 最終更新日:2014/12/27 所得税, 税金(総合)

さて、前回の続きです。お給料の中の「現物給与」とされる、所得税の「課税対象」にならないものを見ていきましょう。

 

8、永年勤続者表彰費用

→記念品、旅行招待費で、社会通念上相当な金額の範囲内で、おおむね10年以上の在職者に5年以上の間隔をおいて表彰されるものは非課税、お金で渡されるものは課税(海外旅行の場合、勤続20年でおおむね10万円、勤続30年でおおむね20万円までであれば非課税)

9、慰安旅行

→旅行期間が4泊5日以内で、参加者が全従業員の50%以上であり、社会通念上相当の費用であれば非課税

10、住宅の取得に伴う利子

→お勤め先から自宅購入の資金を借りて、利子が1%以上の場合は非課税。また、銀行等から自宅購入の資金を借りて、お勤め先がその利子を負担する場合、利子が1%を超える場合も非課税。

11、少額の保険料等

→お勤め先が負担する月額300円以下の保険料(役員のみを対象とする場合は課税)

12、損害賠償金等

→お勤め先に業務遂行に関連し、本人の故意又は重過失でない場合の損害賠償金等の補填は非課税。

13、商品等の値引販売

→取扱商品等の値引き販売で、仕入額以上かつ他への販売価額の70%未満でないこと、役員・使用人の全部について値引率が一律であること、販売数量が一般消費者として通常の消費量であること、これら全てを満たす場合非課税。

14、社宅の家賃

→複雑ですので、興味のある方はこちらをどうぞ(国税庁HP

 

さて、前回から今回にわたって項目を全て記載しました。知ってるよ、というものから、何のことやら、というものまであると思います。13番などは、アパレルショップ店員の場合、そのショップの服が50%オフで買えたりしますよね。14番は、家賃の50%を会社が負担、なんていう話も聞きます。

さて、何が一体「6つの項目」に該当するのか、というところですね。個々に見ていくのは正直かなり難しいです。

なので、今回は簡単な方法で見ていきたいと思います。(え?!上に14個書いたのは何?!!という質問はご遠慮願います笑)


簡単に確認する方法は、「給与明細」を見るという方法です。

「給与明細」には「支給」「支払い」という項目と、「控除」という項目が設定されていることが多いです。

ご存知のとおり、前者がもらえる金額(基本給、残業手当など)、後者がそこから差し引かれる金額(社会保険、所得税、住民税など)です。

「支給」「支払い」という項目に記載されている手当などは、所得税の「課税対象」です。

「控除」という項目に「マイナスで記載」「返金と記載」されているものは、非課税となります。

例えば、研修参加費3,000円を翌月のお給料に加算してお勤め先が払ってくれる場合、「給与明細」の「支給」「支払い」項目に研修参加費3,000円が記載されている場合は、「課税対象」ですので、「6つの項目」の2番に該当し、「サラリーマンでも認められる経費(特定支出控除)」となります。

ですが、「控除」項目に金額が記載されている場合は非課税で、所得税はかかりませんので、「6つの項目」には該当せず、経費としては認められません

お勤め先が間違うことはほとんどないと思いますが、お手元の「給与明細」を見て上記内容を14個書いた内容と照らし合わせてみてください。

もしかすると、多めに税金を納めているかもしれませんよ?!!

 

今回は複雑すぎましたね。。。次回からは、「節税」特集に入っていきたいと思います。お楽しみに♪

 

※上記の内容は、平成26年9月23日時点の法律に則って記載しております。

関連記事

税ブロのロゴ.jpg

はじまりました2015年

お正月を満喫中の方も、正月でも休みなんかねーよ!という方も、おはようございます。 ついに201

記事を読む

itizisyotoku

節税のために学ぼう!~一時所得1~

さて、前回の「譲渡所得」はとりあえずさらっと終えまして、今回は「一時所得」の説明に入りたいと思います

記事を読む

umiga

節税のために学ぼう!~配当所得2~

さて、前回は配当所得でどのような場合に節税になるのか、をご説明いたしました。 今回は実際に計算

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

確定申告はいつまでにしないといけないの?

さて、今回もご質問にお答えしてまります。 「確定申告はいつまでにしないといけないの?」です。

記事を読む

umiga

投資は扶養されている配偶者がしたほうが有利?!

前回に引き続きまして、「配当所得」での節税を見ていきましょう。   今回はタイ

記事を読む

430mannokyuuyosyotokukouzyo

あなたの税率は何パーセント?

前回までで、 「源泉徴収票」の確認方法が終わりました。   今回は、「源泉徴収

記事を読む

ryousyuusyo

サラリーマンも経費が認められるって本当?2

さて、前回の続きです。 サラリーマンも経費が認められます!このような条件です!さて、あなたにメ

記事を読む

haikei3

事業所得の節税ケース4~副業でのせどり~

前回は、アフィリエイト収入での節税メリットを見てまいりました。 今回は最近副業として定番となっ

記事を読む

zouyo

贈与税ってなあに?

前回は、「おじいちゃん、おばあちゃんに学費を払ってもらったら、それは贈与です!」を書かせていただきま

記事を読む

marufu

年末調整で扶養じゃないのに書いてもバレない?

そろそろ年末調整の提出期限が終わった頃でしょうかね。 すごい質問をいただきましたので、年末調整

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

税ブロのロゴ.jpg
こうやって見たら「VALU」って無敵じゃない?

すごく久しぶりに書きます。すみません、ホント。  

税ブロのロゴ.jpg
個別のご相談はこちらから!

  日常生活における税金に関するお悩みにお答えします

20140918_gensenzeita
退職してからどれぐらいで源泉徴収票がもらえるの?1

すっかり時間が空いてしまいました、申し訳ございません。 週に数回

税ブロのロゴ.jpg
あなたの会社の経理は仕組み化できていますか?

大変ながらく更新が滞ってしまいました。 多くの質問にまだお答えで

税ブロのロゴ.jpg
社割り(従業員割引)を給与に加算されたんだけど?

さて、今回は質問をいただきました内容について書かせていただきます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑