*

節税のために学ぼう!~事業所得2~

公開日: : 最終更新日:2014/12/27 住民税, 所得税, 税金(総合), 節税

さて、前回は「事業所得」とはどういったものか、「自己否認」することによって経費にならなかった支出を経費にできる、という内容をご説明させていただきました。今回は具体的に節税対策を見ていきたいと思います。

 

まず、「事業所得」での申告を希望する場合には、所轄の税務署に「個人事業の開業届出書」を提出します。それが承認された場合、晴れて「個人事業主」になることができます。

そして!一番大きく節税ができるのが「開業当初」です。届出書が承認されて「個人事業主」になった時が「開業当初」にあたります。

この場合、事業を行うにあたりそれまでに準備として要した費用を「開業費」という経費にすることができます。開業までに一年以上時間を要した場合でも、その間に支出した開業に関係のある費用は「開業費」にすることができます。もちろん、先日簡単に触れました「減価償却資産」に該当するものはその年に全て経費にすることはできません。

簡単に計算例として見てみましょう。

開業のための下見に要した交通費 200,000円

開業のための消耗品等の購入費  300,000円

開業当初の売上高 20,000円

上記の場合ですと、「売上高20,000円-開業費500,000円=マイナス480,000円」となり、「開業当初」は480,000円の赤字となります。以前お伝えしましたとおり、「総合課税制度」の中に含まれる「給与所得」と「事業所得」は所得を合算して計算します。

gensenkakko2

サンプル税太くんが「事業所得」で「節税」した場合を見てみましょう。

サンプル税太くんの「給与所得」は「青②2,900,000円-緑③928,146円=1,971,854円」でした。ここでは「事業所得」と合算しますので、千円以下切捨てを行わずに計算します。

「給与所得1,971,854円-事業所得(赤字)480,000=1,491,854円→課税所得1,491,000円(千円未満切捨て)」となります。

所得税額を計算しますと、「課税所得1,491,000円×所得税率5%=74,550円→所得税額74,500円(百円未満切捨て)」

元々のサンプル税太くんの「課税所得」は1,971,000円、「所得税額」は黄④の99,600円です。

「99,600円-74,500円=25,100円」分の「所得税の節税」ができます。

また、「480,000円×住民税率10%=48,000円」分の「住民税の節税」ができます。

合計で73,100円の「節税」です。

 

つまり、独立や脱サラを考えていらっしゃるサラリーマンの方は、まず「個人事業主」になって「節税」を行ってから退職すべきなのです

退職してから起業、ではなく「退職前に法律上で起業してしまう」ことで大きな節税になります

しかし、多くの方が退職してから企業したり、週末起業を「雑所得」で申告されることが多いです。おそらくそれは、知らない分からないといったことだけでなく、「処理が煩雑になるから」という理由も大きいと思います。

 

次回はそれらを踏まえて、「個人事業主(事業所得での青色申告)のメリットとデメリット」をご説明できればと思います。

 

※上記の内容は、平成26年10月8日時点の法律に則って記載しております。

関連記事

20140918_gensenzeita

確定申告はどういう時にしないといけないの?

さて、今回もご質問いただきましたので、どういった時に確定申告をしなければいけないか、をご説明致します

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

更正の請求ってなあに?

さて、前回は「修正申告」について書かせていただきました。 今回は逆パターン、「更正の請求」につ

記事を読む

chirstmas

クリスマスプレゼントは経費になるの?

クリスマス直前にとんでもない質問をいただきましたので、書かせていただきます。  

記事を読む

27kaiseitop

平成27年度税制改正大綱 《住宅ローン控除の延長》

さて、少し時間が空いてしまいましたが、税制改正大綱に引き続き触れていきたいと思います。 &nb

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

年末調整の還付額が減ったんだけど?

さて、今回もご質問いただいた内容について書かせていただきます。 年末調整の還付額ってそもそもな

記事を読む

20140918_gensenzeita

あなたの源泉徴収票は正しいですか?3

前回は完全に趣味に走ってしまい、すいませんでした。。。   今回はしっかりと、

記事を読む

kigyounenkin

ケースでみる企業年金の受取り方《公的年金等控除》

さて、前回は企業年金を受け取る際、「退職所得控除」を受ける場合について書かせていただきました。

記事を読む

zeiseikaisei

平成27年(2015年)に施行される税制《相続税増税・贈与税減税編》

さて、今回は「相続税が増税され、贈与税が減税される」ことについて書かせていただきます。 &nb

記事を読む

27kaiseitop

平成27年度税制改正大綱 《NISAの限度額引き上げ》

さて、平成27年度の税制改正について書いていきます。   NISAの限度額が上がり

記事を読む

furusato

ふるさと納税してみませんか?2

さて、前回は「ふるさと納税」のおおまかな仕組みを説明致しました。 今回は、ふるさと納税が節税に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

税ブロのロゴ.jpg
こうやって見たら「VALU」って無敵じゃない?

すごく久しぶりに書きます。すみません、ホント。  

税ブロのロゴ.jpg
個別のご相談はこちらから!

  日常生活における税金に関するお悩みにお答えします

20140918_gensenzeita
退職してからどれぐらいで源泉徴収票がもらえるの?1

すっかり時間が空いてしまいました、申し訳ございません。 週に数回

税ブロのロゴ.jpg
あなたの会社の経理は仕組み化できていますか?

大変ながらく更新が滞ってしまいました。 多くの質問にまだお答えで

税ブロのロゴ.jpg
社割り(従業員割引)を給与に加算されたんだけど?

さて、今回は質問をいただきました内容について書かせていただきます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑