*

ふるさと納税してみませんか?2

公開日: : まめ知識, 住民税, 所得税, 税金(総合), 節税

さて、前回は「ふるさと納税」のおおまかな仕組みを説明致しました。

今回は、ふるさと納税が節税になるのかどうかを検証してみましょう。

 

ふるさと納税って節税になるの?


実は、「ふるさと納税」をしただけでは「節税」にはなりません。 いきなりすいません(笑)

正確に言いますと「税金を節約すること」には繋がりません、と言うべきでしょうか。

「ふるさと納税」は「各都道府県・市町村へ寄附をする」制度であり、「寄附金控除」として税金が減るだけなのです。

一般的な「寄附金控除」では、所得税からしか控除されませんが、「ふるさと納税」の「寄附金控除」では、所得税と住民税の両方から控除されるのです

その分、一般的な「寄附金控除」よりもメリットがあるわけです。

しかし、お伝えしましたとおり、それだけでは「節税」にはなりません。 「寄附金控除」の仕組みを少しご説明致します。

 

寄附金控除ってどこまで控除されるの?


日本国外では、「寄附金控除」に上限を設けていない国が多いです。

そのため、寄付をすることが一般的になっているのですが、日本では上限が定められております

計算式を見てみましょう。

所得税

「ふるさと納税」の金額の合計が所得金額の40%を限度として所得控除され、源泉所得税が還付されます。

所得控除=(「ふるさと納税」合計額-2000円)×「所得税の限界税率」

復興特別所得税分=「所得控除」×「復興特別所得税率2.1%」

住民税

住民税の場合、基本控除と特例控除に分かれており、別々に計算します。

基本控除=(寄附金-2000円)×10%

住民税の特例控除は「住民税所得割額」の10%まで控除されます。

特例控除= (寄附金-2000円)×(100%-「基本控除率10%」-「所得税の限界税率」×(100%+復興特別所得税率2.1%)

とりあえず記載しましたが、もはや手計算でしたくないレベルです

ですので、シミュレーションのできる「CityDo」というサイトでご自身の「源泉徴収票」を見ながら計算してみてください。

どうしても手計算したい方は、住民税の細長い資料をお手元にご準備いただき、下記を参考にしてください。

課税給与所得額 寄附金控除が満額となる目安額
0円~ 195万円以下 住民税所得割の11.76%+2,000円
195万円超~ 330万円以下 住民税所得割の12.50%+2,000円
330万円超~ 695万円以下 住民税所得割の14.28%+2,000円
695万円超~ 900万円以下 住民税所得割の14.92%+2,000円
900万円超~1800万円以下 住民税所得割の17.54%+2,000円
1800万円超 住民税所得割の20.00%+2,000円

メタボリックなお腹の脂肪を燃焼系ボディに【エルセーヌMEN】

さて、上記の計算、シミュレーションで、実質2,000円で控除が受けられる上限を知ることができましたね。

「ふるさと納税」により受け取ることのできる特産品と、実質2,000円を比較していただき、ご自身がメリットがあると思われた都道府県・市町村に実際に「ふるさと納税」をしてください。

つまり、2,000円で特産品をお取り寄せできる、と考えていただければと思います。 
←こんなものや
 ←こんなものも

実質2,000円で手に入るかもしれません。

今年の「ふるさと納税」もまだ間に合いますので、ぜひご検討ください。

 

※上記の内容は、平成26年10月24日時点の法律に則って記載しております。

関連記事

zigyougazou

節税のために学ぼう!~事業所得1~

前回は「減価償却費とは?」と、少し脱線して「減価償却費」の説明をさせていただきました。 今回か

記事を読む

kirin

週末起業は事業所得を選べ!!1

さて、前回は「青色申告の由来」を書かせていただきました。 今回は「週末起業は事業所得を選べ!!

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

散髪代は経費になるの?

さて、今回もご質問いただいた内容について書かせていただきます。 以前にも「経費ってなあに?」で

記事を読む

27kaiseitop

平成27年度税制改正大綱 《住宅ローン控除の延長》

さて、少し時間が空いてしまいましたが、税制改正大綱に引き続き触れていきたいと思います。 &nb

記事を読む

denkidankai

待機電力の恐怖!!

さて、前回に引き続きまして、電気代のお話です。   待機電力はたいしたことない?!

記事を読む

haikei3

事業所得の節税ケース2~FXで副業~

前回に引き続き、事業所得の節税ケースを見ていきたいと思います。 今回はあえて「FX」です。「副

記事を読む

dotiragaotoku

年収103万円と年収130万円はどちらがお得?

さて、今回から「年末調整」に関する内容を書いていこうと思っておりましたが、「実際のところ、103万円

記事を読む

27kaiseitop

平成27年度税制改正大綱 《検討事項》後半

さて、昨日の続きで、検討事項の後半を書かせていただきます。   検討事項項目11~

記事を読む

umiga

投資は扶養されている配偶者がしたほうが有利?!

前回に引き続きまして、「配当所得」での節税を見ていきましょう。   今回はタイ

記事を読む

genkasyoukakugazou

減価償却費とは?~基礎~

さて、前回の不動産所得の節税対策の際に登場致しました、「減価償却費」について今回はご説明していきたい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

税ブロのロゴ.jpg
こうやって見たら「VALU」って無敵じゃない?

すごく久しぶりに書きます。すみません、ホント。  

税ブロのロゴ.jpg
個別のご相談はこちらから!

  日常生活における税金に関するお悩みにお答えします

20140918_gensenzeita
退職してからどれぐらいで源泉徴収票がもらえるの?1

すっかり時間が空いてしまいました、申し訳ございません。 週に数回

税ブロのロゴ.jpg
あなたの会社の経理は仕組み化できていますか?

大変ながらく更新が滞ってしまいました。 多くの質問にまだお答えで

税ブロのロゴ.jpg
社割り(従業員割引)を給与に加算されたんだけど?

さて、今回は質問をいただきました内容について書かせていただきます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑