*

贈与税ってなあに?

公開日: : 税金(総合), 贈与税

前回は、「おじいちゃん、おばあちゃんに学費を払ってもらったら、それは贈与です!」を書かせていただきました。

その続きになりますが、「贈与税」とは何かを少しご説明させていただきたいと思います。

 

贈与税ってなあに?


 

「贈与税」といわれてもイマイチぴんと来ない人が多いと思います。

普通に生活をしていると、なかなか関わりのないものです。

有名なのは、民主党の鳩山さんの贈与税無申告事件ですよね。

母親から1億5,000万円を贈与されていたにもかかわらず、「知らなかった」と言っていたあの事件です。

本来であれば、巨額脱税の容疑にかけられる規模です。

この話はまた後日詳しくお伝えするとして、要は「贈与されたお金や価値のあるものには税金がかかる」ということを覚えておいてください。

「贈与」に関しては、以前の「贈与ってなあに?」を参考にしていただけると幸いです。

では、一体いくら贈与をするといくら「贈与税」を支払わなければならないのでしょう。


贈与税はいくらから支払わなければならないの?


 

「贈与税」にも、所得税や住民税のように「基礎控除」と呼ばれる控除があります。

その金額が「110万円」です。

つまり、1月1日から12月31日までの1年間に、110万円以上の贈与がなければ税金は発生しません

逆に、それ以上贈与があった場合には必ず「贈与税申告」をする必要があります

「贈与税」は「受け取った人」が「贈与税申告」を行い、「贈与税」を納税します

例えば、年間200万円を贈与として受け取った人がいる場合、「基礎控除110万円」を差し引いた90万円に対して税金がかかります。

では、「贈与税」は何%かかるのでしょう。


贈与税も金額が大きくなるにつれて税率が上がる!


 

「贈与税」も所得税や住民税と同じように、金額が大きくなるにつれて税率が上がります

いわゆる、累進課税制度と呼ばれる制度ですね。

どのように税率が上がっていくかを見てみましょう。

区分 200万円
以下
300万円
以下
400万円
以下
600万円
以下
1,000万円
以下
1,000万円
税 率 10% 15% 20% 30% 40% 50%
控除額 10万円 25万円 65万円 125万円 225万円

平成26年12月31日までの贈与はこのような税率で計算します。

区分 200万円
以下
300万円
以下
400万円
以下
600万円
以下
1,000万円
以下
1,500万円
以下
3,000万円
以下
3,000万円
税 率 10% 15% 20% 30% 40% 45% 50% 55%
控除額 10万円 25万円 65万円 125万円 175万円 250万円 400万円

平成27年以降の贈与はこのような税率に変わりますのでご注意ください。

では、先ほどの例に合わせて計算してみましょう。


贈与税を計算してみよう!


 

先ほどの現金で200万円贈与した場合を例にあげて、実際に計算してみましょう。

「200万円-基礎控除110万円=90万円」に対して税金がかかります。

上の表の税率を当てはめてみると、200万円以下ですので10%です。

「90万円×贈与税率10%=9万円」

となり、「200万円を現金で贈与された人は9万円の贈与税を納めなければならない」ということになります。

これらを踏まえて、実際に贈与をする場合はどれぐらいの金額が良いのかを確認してからするようにしてください。

 

そもそも、「税金を支払ってまで贈与をする必要があるの?」と思われる方も多いと思います。

実は「贈与税」はそもそも「相続税」を補完する意味合いで出来た税金なのです。

「相続税」に関しては、話がとても長くなりますので、また改めて書かせていただきます。

年末に向けて駆け込みで書いていきます!

次回は「年収103万円以下でも住民税は払わなければならないって本当?」を書かせていただきます。

 

※上記の内容は、平成26年11月14日時点の法律に則って記載しております。

関連記事

zisin

地震保険を一括で支払うと控除が受けられるのは最初の年だけ?

さて、11月も半ばに入りまして、今年も残すところ一ヶ月半ですね。 前回は「競馬で勝ったら確定申

記事を読む

hananoe

節税のために学ぼう!~基礎~

さて、前回にもお伝えしておりましたとおり、今回からは節税に繋がる内容を書いていければと思います。

記事を読む

zouyo

贈与ってなあに?

前回までは、電気代の節約について書かせていただきました。 今回は、年末に向けてご質問いただいた

記事を読む

27kaiseitop

平成27年度税制改正大綱 《検討事項》前半

さて、税制改正大綱の最後の項目、「検討事項」についてみていきましょう。 「検討事項」とは、今後

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

税金はどれぐらい待てば還付されるの?

さて、今回もご質問いただいた内容について書かせていただきます。 還付申告をした後、どれぐらいで

記事を読む

H26seihokouzyo1

年末調整で確認しよう!~生命保険料控除1~

さてさて、今回からは年末調整の肝心なところ、「生命保険料控除」についてご説明させていただきたいと思い

記事を読む

kirin

週末起業は事業所得を選べ!!2

前回は個人的な意見をただただ書き綴ることになってしまいました。今回は、週末起業であっても「事業所得」

記事を読む

haikei2

1億5,000万円贈与を受けても「知らなかった」で済むの?

さて、衆議院も解散が決まり、選挙の準備が整ってきていますね。 個人的にはまだどこに投票しようか

記事を読む

zeiseikaisei

平成27年(2015年)に施行される税制《相続税の減税編》

さて、前回は平成27年(2015年)に入って急に相続税がかかる可能性があることについて、説明させてい

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

国外にお金(財産)がある人は申告が必要って本当?

さて、確定申告も終わり、休暇も終わりましたので、また書かせていただきます。 今回は以外と知られ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

税ブロのロゴ.jpg
こうやって見たら「VALU」って無敵じゃない?

すごく久しぶりに書きます。すみません、ホント。  

税ブロのロゴ.jpg
個別のご相談はこちらから!

  日常生活における税金に関するお悩みにお答えします

20140918_gensenzeita
退職してからどれぐらいで源泉徴収票がもらえるの?1

すっかり時間が空いてしまいました、申し訳ございません。 週に数回

税ブロのロゴ.jpg
あなたの会社の経理は仕組み化できていますか?

大変ながらく更新が滞ってしまいました。 多くの質問にまだお答えで

税ブロのロゴ.jpg
社割り(従業員割引)を給与に加算されたんだけど?

さて、今回は質問をいただきました内容について書かせていただきます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑