*

競馬で勝ったら確定申告しないといけないの?

公開日: : まめ知識, 税金(総合)

さてさて、前回は「年収103万円以下でも住民税は払わなければならないって本当?」で住民税について書かせていただきました。

今回は友人から「競馬で勝ったら確定申告しないといけないの?」という質問を受けましたので、書かせていただきます。

 

ギャンブルで勝った場合は申告が必要?


結論から申しますと、確定申告しなければいけません

以前にも説明させていただきましたとおり、お給料以外の所得が年間20万円を超える場合は確定申告が必要です。

確定申告をしなかった場合は、脱税になりますので、追加の税金を支払わなければならなかったり、意図的に脱税をした場合は懲役が科せられる場合もあります。

と、書いてはみたものの、税務署は全てを把握できません

後は皆さんの善意に任せるのみです。

あくまで申告の基準は所得が年間20万円を超える場合、です。

どの所得で確定申告すればいいの?


一般的には「一時所得」として確定申告をすることになります。

つまりは、50万円以下であれば確定申告しても税金は発生しないのです

それであれば、50万円以下の勝ちならば確定申告をしておくことにより安心を得る方が良い気がしますね。

いや、50万円以上の勝ちでも確定申告してくださいね。

税務署から指摘されるのは数年後です。

それまでに勝ち分を使い切っていた場合、税金の支払いだけがのしかかってきます。

ですので、お金があるうちに税金は払ってしまってくださいね。

計算方法は、「節税のために学ぼう!~一時所得1~」で記載しておりますので、ご確認ください。


負けた分は申告すれば税金が減るの?


こちらも残念ながら、負けた分は他の所得と通算することはできません

つまり、勝ったら税金払いなさい、負けても自己責任で税金は減らしません、ですね。

とても理不尽なように聞こえますが、そもそもギャンブルはそういった位置付けでつくられています。

ですが、ギャンブルで生活をしている人は負けた分も経費として認められるのです

以前に、「週末起業は事業所得を選べ!1」で書かせていただきましたが、「事業」としてギャンブルをしている場合は負けた分も経費として認められる可能性が高いですが、他の「事業」と比べ「実際にそれだけで生計を立てていること」の証明が求められます。

ですので、基本的には負けた分を申告しても税金は減りません

バレるかバレないかで言えば、おそらくバレない可能性のほうが圧倒的に高いと思いますが、バレたらどうしようというドキドキを持ちながら生活するよりは、潔く税金を支払った方が良いのではないかと、個人的には思います。

なにより、一攫千金を狙うよりも、コツコツと節約、節税に励むことをおススメします(笑)

 

※上記の内容は、平成26年11月16日時点の法律に則って記載しております。

関連記事

marufu

年末調整で扶養じゃないのに書いてもバレない?

そろそろ年末調整の提出期限が終わった頃でしょうかね。 すごい質問をいただきましたので、年末調整

記事を読む

20140918_gensenzeita

あなたの源泉徴収票は正しいですか?1

さて、今回は「収入と所得の違いとは?」でも軽く触れました、「源泉徴収票」を見ていきましょう。

記事を読む

marufu

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書はなぜ来年分(平成27年分)を書かされるの?

前回は「保険料控除申告書」を提出し忘れた場合について書かせていただきました。 今回は少し話は変

記事を読む

zeiseikaisei

平成27年(2015年)から施行される税制を見てみよう!

さて、12月も残すところあと少しですね。 みなさん、年内の駆け込み節税は終わりましたか?

記事を読む

ryousyuusyo

サラリーマンも経費が認められるって本当?1

前回は「あなたの税率は何パーセント?」と題しまして、皆さんが実際に何パーセントの所得税を納めていらっ

記事を読む

seihokouzyo2

生命保険料控除の節税ケース4~介護保険の利便性~

前回は「医療保険の見直し」について説明させていただきました。 今回は、「介護保険の利便性」と題

記事を読む

kirin

妖怪メダルが買ったより高く売れたけど、どうすればいい?

さて、前回に引き続き、今回もご質問いただいた内容にお答え致します。 「妖怪ウォッチ」というもの

記事を読む

ryousyuusyo

寄附金控除ってなあに?

さて、前回までは「NISA(ニーサ)」について書かせていただきました。 今回は、年末までの駆け

記事を読む

seihokouzyo2

生命保険料控除の節税ケース1 ~終身保険で運用しよう~

それでは、今回からは生命保険料控除を使った節税のケースを見ていきたいと思います。 これから保険

記事を読む

umiga

節税のために学ぼう!~配当所得1~

ようやく「節税」について書いていきたいと思います。 今回のテーマは「配当所得」です。皆さんのご

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

税ブロのロゴ.jpg
こうやって見たら「VALU」って無敵じゃない?

すごく久しぶりに書きます。すみません、ホント。  

税ブロのロゴ.jpg
個別のご相談はこちらから!

  日常生活における税金に関するお悩みにお答えします

20140918_gensenzeita
退職してからどれぐらいで源泉徴収票がもらえるの?1

すっかり時間が空いてしまいました、申し訳ございません。 週に数回

税ブロのロゴ.jpg
あなたの会社の経理は仕組み化できていますか?

大変ながらく更新が滞ってしまいました。 多くの質問にまだお答えで

税ブロのロゴ.jpg
社割り(従業員割引)を給与に加算されたんだけど?

さて、今回は質問をいただきました内容について書かせていただきます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑