*

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書はなぜ来年分(平成27年分)を書かされるの?

公開日: : 最終更新日:2014/12/02 まめ知識, 年末調整, 税金(総合)

前回は「保険料控除申告書」を提出し忘れた場合について書かせていただきました。

今回は少し話は変わりますが、「なぜ平成27年分の扶養の紙を書くのかを詳しく教えてほしい」というご質問をいただきましたので、書かせていただきたいと思います。

 

今年(平成26年分)の年末調整なのに来年(平成27年分)の用紙?


 

お勤め先から年末調整の用紙が配られている頃だと思います。

もうすでに提出期限が終わっていらっしゃる方も多いでしょう。

その中で、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」だけ来年分(平成27年分)を渡された方もいらっしゃるでしょう。

本来であれば、今年分(平成26年分)と書かれた用紙が渡されるのでは?と不思議に思う方も多いようです。

実際に今年(平成26年分)の年末調整を行う際には今年分(平成26年分)の「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を使います

それなのになぜ、来年分(平成27年分)の用紙に記載させられるのでしょう。

お勤め先にはその年の「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を保管する義務があります。


 

お勤め先は毎年雇っている人の「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を保管しておかなければならない、という決まりがあります。

元々は架空人件費と呼ばれる、雇っていない架空の人間を雇っているかのようにしてお給料を支払っているように見せる方法で、脱税する人が多かったのです

それを防ぐ意味もあり、「名前」や「住所」など、本人を特定できる資料の保管が義務付けられたのです。

そのため、一番最初に採用された時には年末調整でないにも関わらず、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を書かされているはずです

そうやって、お勤め先は毎年1枚の「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を保管しているのです。

年末調整で来年分(平成27年分)を書かせるのは怠慢?効率化?


上記の理由から、本来ならば、今年(平成26年分)の年末に「平成26年分の給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を書いて、年末時点の扶養者の確認を行います

そして、来年(平成27年)の年初に「平成27年分の給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を書いて提出することが正しい方法です。

しかし、この手続きを行うには、総務又は事務職員の負担が大きいのです

年初に集めた今年分をその年の年末に、在職者だけ(退職者を除いて)に渡す必要があり、その管理が大変です。

そして、用紙を記載する私たちも、年末と年初に同じ内容を2度記載する必要があり、手間がかかります

そのため、今年(平成26年分)の年末調整にも関わらず、来年分(平成27年分)の用紙に記載させることにより、平成26年末の扶養者の確認と、平成27年分の保管義務を同時に行っているところがあるのです

事務手続きは効率化でき、私たちも記載が一度で済む。

これを怠慢と取るか効率化と取るかは人それぞれですね。


きちんとしている勤め先はどうやっているの?


 

上記の内容を法律に則ってしっかりとされているお勤め先もあります。

そういったところは今年分(平成26年分)に変更がある場合は記載してくださいという「お勤め先独自の用紙」を作成されているケースが多いです。

他にはすでに「氏名」や「住所」が印字された用紙を配り、変更がある場合は赤ペンで訂正、ない場合は捨てて提出しない、といった方法を取られているところもあります。

どうしても来年分(平成27年分)を記載することに違和感を感じる方は、お勤め先にこういった提案をしてみてはいかがでしょうか。

 

※上記の内容は、平成26年11月20日時点の法律に則って記載しております。

関連記事

haikei2

所得税の課税対象って?~給与所得~1

ようやくブログを書くことにも慣れてきましたが、「ページのリンクも貼ったほうがいいよ」と教えてもらい、

記事を読む

fudousangazou

節税のために学ぼう!~不動産所得1~

前回は「投資は扶養されている配偶者がしたほうが有利?!」という内容でご説明させていただきました。

記事を読む

27kaiseitop

平成27年度税制改正大綱 《国外転出をする場合の譲渡所得等の特例》

さて、引き続き平成27年度の税制改正大綱について書かせていただきます。   国外転

記事を読む

27kaiseitop

平成27年度税制改正大綱《消費税増税延期編》

さて、こたつでのんびりと正月を満喫しておりますが、皆様もゆっくりしていらっしゃるでしょうか。

記事を読む

chirstmas

クリスマスプレゼントは経費になるの?

クリスマス直前にとんでもない質問をいただきましたので、書かせていただきます。  

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

なぜ青色申告って呼ばれているの?青色申告の由来

さて前回は「個人事業主の青色申告のメリット・デメリットとは?」という内容で書かせていただきました。

記事を読む

furusato

ふるさと納税してみませんか?1

さて、前回までで「総合課税所得」の8つの所得を簡単にご説明させていただきました。 今回からは年

記事を読む

seihokouzyo2

生命保険料控除の節税ケース3~医療保険の見直し~

さて、前回は「個人年金」について記載させていただきました。 そして関係ないですが、本日から私入

記事を読む

430mannokyuuyosyotokukouzyo

あなたの税率は何パーセント?

前回までで、 「源泉徴収票」の確認方法が終わりました。   今回は、「源泉徴収

記事を読む

umiga

節税のために学ぼう!~配当所得2~

さて、前回は配当所得でどのような場合に節税になるのか、をご説明いたしました。 今回は実際に計算

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

税ブロのロゴ.jpg
こうやって見たら「VALU」って無敵じゃない?

すごく久しぶりに書きます。すみません、ホント。  

税ブロのロゴ.jpg
個別のご相談はこちらから!

  日常生活における税金に関するお悩みにお答えします

20140918_gensenzeita
退職してからどれぐらいで源泉徴収票がもらえるの?1

すっかり時間が空いてしまいました、申し訳ございません。 週に数回

税ブロのロゴ.jpg
あなたの会社の経理は仕組み化できていますか?

大変ながらく更新が滞ってしまいました。 多くの質問にまだお答えで

税ブロのロゴ.jpg
社割り(従業員割引)を給与に加算されたんだけど?

さて、今回は質問をいただきました内容について書かせていただきます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑