*

株式と投資信託はどちらがいいの?《投資信託編》

公開日: : まめ知識, 個人的, 投資

さて、前回は「株式と投資信託はどちらがいいの?《株式編》」を説明させていただきました。

今回は、前回の続きで「投資信託」について書かせていただきます。

 

投資信託ってなあに?


 

もはや「投資信託」という言葉も聞き慣れた言葉になりました。

でも実際のところ、投資信託って何か説明できる人は少なかったりします

すごく簡単に説明すると、読んで字の如し、「投資するお金を信じて託す」ことですね。

漢字の解釈はさて置きまして、では一体どういう仕組みなのでしょうか。

投資信託は、私たち投資をする人を「投資者」、投資商品を販売する人を「販売者」、実際に商品を運用する人を「運用者」とし、成り立っている商品です。

「投資者」が投資信託の商品を選択してお金を支払います。

「販売者」は多くの投資者から預かったお金を「運用者」にまとめて渡しますが、個々の投資額の管理は「販売者」が行います。

「運用者」は「ファンドマネージャー」や「アセットマネージャー」と呼ばれ、その商品である投資信託の投資先を決めて運用します。

この三者が交わって成り立っているのが、「投資信託」という運用商品です。

それでは、株式と同じようにメリットデメリットを見てみましょう。


投資信託のメリット


投資信託は、一つの商品を購入するだけで分散投資をすることができるのが最大のメリットです。

株式の場合、投資した企業が倒産した場合、投資額全額を損してしまいます

しかし、投資信託の場合は、たくさんの企業に投資している、パッケージ商品のようなものなので、一つの企業が倒産したとしても、全額損をすることはありません

つまり、投資の入り口としては比較的取っ付きやすいのが投資信託なのです。

さらに、株式と比べ、最低買付単価が低いこともメリットです。

株式の場合、最低でもこの金額を払わないと、株主としての権利(株主優待を受け取る権利や、企業に発言する権利、配当を受け取る権利など)を得ることはできません。

投資信託は特に最低買付単価が設定されていないものが多いのです

しかしながら、デメリットもあります。

投資信託のデメリット


 

投資信託のデメリットは、上記で記載した株主のような権利が存在しないことがあります

配当は受取れますが、株主優待は存在しませんし、物言う株主になることもできません。

そして、大きなデメリットは手数料が高いことです。

買付時に1%~3.5%が平均的に手数料として取られ、売却時にさらに手数料がかかるものもあります。

合わせて、一年ごとに投資残高に対してかかる手数料の「信託報酬」というものや、売却制限時に売却した場合にとられる「信託留保額」というものがあります

つまり、株式に比べて管理手数料がかかる、といったところでしょうか。

「運用者」に委託をしておりますので、手数料がかかるのは仕方ないかもしれませんが、損をされても責任追及はできませんので、十分検討して投資先を決めましょう。


投資信託の総括


 

どのような投資にも事件の話はあるもので、投資信託にもあります。

海外で、委託を受けている「運用者」であるファンドマネージャーが、実は投資をしておらず、資金を着服していたという事件がありました。

難しいところで、投資をしていないので金融法ではなく、詐欺といった類の刑法に問われるのです。

つまり、お金が返してもらえる可能性が限りなく低いのです

実際にこの事件もほとんど返金されませんでした。

そう思えば、やはり日本企業が「販売者」をしていると安心感が強いですよね。

本来ならば安心感が強く投資しやすい日本ですが、事件が絶えない海外よりも投資をする人が少ないのは個人的に不思議に感じます。

 

投資の入り口のため、比較的安全な「株式」と「投資信託」を書かせていただきました。

ただただ貯金をしているだけでは、勝手に損をしていっていることを意識していただけると幸いです。

解説と図解のWで分かる!投資信託はじめの一歩: FPが教える基礎からやさしく学べます


※上記の内容は、平成26年12月5日時点の法律に則って記載しております。

関連記事

20140918_gensenzeita

あなたの源泉徴収票は正しいですか?1

さて、今回は「収入と所得の違いとは?」でも軽く触れました、「源泉徴収票」を見ていきましょう。

記事を読む

zeiseikaisei

税制改正大綱ってなあに?

前回の続きとして、「税制改正大綱」について書かせていただきます。 小難しい名前ですが、「新しい

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

保険料と保険金の違いってなあに?

さて、しばらく空いてしまいましたが、ご質問いただきました「保険料と保険金の違いってなあに?」について

記事を読む

zouyo

おじいちゃん、おばあちゃんに学費を払ってもらったら、それは贈与です!

さて、前回は「贈与」とは何かについてご説明させていただきました。 今回は、前回案内しておりまし

記事を読む

umigazou

預金と貯金の違いとは?

前回記載しておりましたとおり、友人から質問を受けた「預金」と「貯金」の違いについてご説明していきます

記事を読む

seihokouzyo2

生命保険料控除の節税ケース2~個人年金保険に加入しよう~

前回はケース1としまして「終身保険で運用しよう」という内容を書かせていただきました。 今回は、

記事を読む

marufu

年末調整で提出し忘れたらどうすればいいの?《給与所得者の扶養控除等(異動)申告書編》

  前回は「地震保険」についてご説明致しました。 今回はご質問いただきました、

記事を読む

marufu

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書を渡されなかったけど、どうすればいいの?

年末調整が終わりに近づいておりますが、ご質問をいただきましたのでお答え致します。  

記事を読む

furusato

ふるさと納税してみませんか?1

さて、前回までで「総合課税所得」の8つの所得を簡単にご説明させていただきました。 今回からは年

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

年収103万円以下でも住民税は払わなければならないって本当?

さて、前回は「贈与税ってなあに?」で贈与税の計算方法までを説明させていただきました。 今回は、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

税ブロのロゴ.jpg
こうやって見たら「VALU」って無敵じゃない?

すごく久しぶりに書きます。すみません、ホント。  

税ブロのロゴ.jpg
個別のご相談はこちらから!

  日常生活における税金に関するお悩みにお答えします

20140918_gensenzeita
退職してからどれぐらいで源泉徴収票がもらえるの?1

すっかり時間が空いてしまいました、申し訳ございません。 週に数回

税ブロのロゴ.jpg
あなたの会社の経理は仕組み化できていますか?

大変ながらく更新が滞ってしまいました。 多くの質問にまだお答えで

税ブロのロゴ.jpg
社割り(従業員割引)を給与に加算されたんだけど?

さて、今回は質問をいただきました内容について書かせていただきます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑