*

平成27年度税制改正大綱 《住宅取得等資金の贈与》

公開日: : 住民税, 所得税, 税制改正, 税金(総合)

今回の改正大綱は贈与関係が目立っている気がします。

その中のひとつ、住宅資金援助の贈与について書かせていただきます。

住宅取得等資金の贈与が延長されます!


 

住宅取得等資金の贈与の期限が延長され、期限が平成31年6月30日までとなりそうです。

消費税等が10%である場合、平成28年10月~平成29年9月までは、省エネルギー対策等級4又は耐震等級2以上若しくは免震建築物(以下「良質な住宅」)の場合3,000万円の非課税で贈与できます

それ以外の住宅の場合は2,500万円まで非課税で贈与できます。

平成29年10月~平成30年9月までは「良質な住宅」が1,500万円まで、それ以外の住宅が1,000万円まで非課税。

平成30年10月~平成31年9月までは「良質な住宅」が1,200万円まで、それ以外の住宅が700万円まで非課税。

あれ?なんか不思議な気がしませんか?

そうです、「消費税等が10%である場合」です。

詳しく見ていきましょう。

消費税アップでも損をしない住宅の買い方・選び方 新築住宅編/住宅取得支援制度研究会 【後払いOK】【2500円以上送料無料】

価格:1,296円
(2015/1/14 15:55時点)
感想(0件)

消費税等が10%である場合と、それ以外の場合?!


 

消費税等の税率が10%である場合と、それ以外の場合、という表記がされています。

消費税等は平成29年4月から確実に10%にするという改正案と同時にこのような案がでるのはなんとも不思議ですね。

ちなみに、「それ以外の場合」つまり、「消費税が10%でない場合」は非課税限度額が小さく設定されています。

~平成27年12月までは「良質な住宅」が1,500万円まで、それ以外の住宅が1,000万円まで非課税。

平成28年1月~平成29年9月までは「良質な住宅」が1,200万円まで、それ以外の住宅が700万円まで非課税。

平成29年10月~平成30年9月までは「良質な住宅」が1,000万円まで、それ以外の住宅が500万円まで非課税。

平成30年10月~平成31年6月までは「良質な住宅」が800万円まで、それ以外の住宅が300万円まで非課税とされています。

全て「消費税が10%の場合」よりも非課税枠が小さくなっています。

つまり、「それ以外の場合」の「消費税が10%でない場合」は「消費税が10%未満の場合」と考えても問題ないでしょう。

住宅購入の危機管理―住宅雑誌には絶対載らない、安全な住宅取得マニュアル

中古価格
¥1から
(2015/1/14 15:57時点)

そこから見て取れるのは・・・


 

つまり、そこから見て取れるのは、平成29年4月であっても消費税が10%に上がらない可能性がまだあるかもしれない、ということです。

かなり可能性は低いと思いますので、「可能性がまだあるかもしれない」という書き方にしております。

しかし、そこまでに一定の景気回復が達成できなかった場合、もしかすると消費税増税見送りもあるかもしれないということでしょう。

こればかりはその時になってみないと何とも言えませんが、ほんの少しだけ、期待してみるのもいいかもしれませんね。

※上記の内容は、平成27年1月16日時点の法律に則って記載しております。

関連記事

税ブロのロゴ.jpg

前年の年末調整で控除し忘れた資料が出てきたけど、どうすればいいの?

今回もご質問いただいた内容について書かせていただきます。   前年の年末調整の控除

記事を読む

zigyougazou

節税のために学ぼう!~事業所得1~

前回は「減価償却費とは?」と、少し脱線して「減価償却費」の説明をさせていただきました。 今回か

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

退職所得控除ってなあに?

さて、今回は「ケースで見る企業年金の受取り方《退職所得控除》」で触れました、退職所得控除について詳し

記事を読む

hananoe

節税のために学ぼう!~利子所得1~

さて、前回は所得税の8つの所得の種類、簡単な課税制度についてご説明いたしました。 今回からは、

記事を読む

20140918_gensenzeita

あなたの源泉徴収票は正しいですか?3

前回は完全に趣味に走ってしまい、すいませんでした。。。   今回はしっかりと、

記事を読む

seihokouzyo2

生命保険料控除の節税ケース2~個人年金保険に加入しよう~

前回はケース1としまして「終身保険で運用しよう」という内容を書かせていただきました。 今回は、

記事を読む

ryousyuusyo

サラリーマンも経費が認められるって本当?1

前回は「あなたの税率は何パーセント?」と題しまして、皆さんが実際に何パーセントの所得税を納めていらっ

記事を読む

zeiseikaisei

平成27年(2015年)に施行される税制《相続税の基礎控除編》

さて、前回に引き続き、平成27年から施行される税制をひとつずつ見ていきたいと思います。 まずは

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

そうだ、節税しよう!~利子所得~

さてさて、超マニアック節税の時間がやってまいりました。以前記載しておりましたとおり、利子所得でも節税

記事を読む

kigyounenkin

個人事業主や零細企業でも導入できる企業年金はないの?!

さて、今回で「企業年金」シリーズも最終です。 個人事業主や零細企業でも導入できる企業年金につい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

税ブロのロゴ.jpg
こうやって見たら「VALU」って無敵じゃない?

すごく久しぶりに書きます。すみません、ホント。  

税ブロのロゴ.jpg
個別のご相談はこちらから!

  日常生活における税金に関するお悩みにお答えします

20140918_gensenzeita
退職してからどれぐらいで源泉徴収票がもらえるの?1

すっかり時間が空いてしまいました、申し訳ございません。 週に数回

税ブロのロゴ.jpg
あなたの会社の経理は仕組み化できていますか?

大変ながらく更新が滞ってしまいました。 多くの質問にまだお答えで

税ブロのロゴ.jpg
社割り(従業員割引)を給与に加算されたんだけど?

さて、今回は質問をいただきました内容について書かせていただきます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑