*

受け取れる年金額はどうやって計算するの?

公開日: : 国民年金, 社会保険(総合)

さて、年金の内容を続けておりますが、今回はその中でいただいた質問に対して書かせていただきます。

 

受け取れる年金額はどうやって計算するの?


 

受け取れる年金額は、そもそも厚生労働省が決定しており、それに対して加入期間を加えて計算し、あなたの受取額を決定します。

前回記載いたしましたとおり、満額受け取るには40年(480ヶ月)の加入期間が必要です。

その40年の加入期間を満たしている場合、平成26年4月から平成27年3月までの1年間は772,800円の国民年金(老齢基礎年金)を受け取ることができます。

これは毎年変更されますので、平成27年4月から平成28年3月までは、1年間で780,096円の年金額にする、と厚生労働省が発表しています。

よほどのことがない限り、この金額で決定すると思われます。

さて、話を戻しましょう。

40年加入期間がある方は、2ヶ月に1度上記の金額の6分の1の金額(平成27年3月までであれば128,800円)を受け取ることができます。

しかし、加入期間がそれに満たない場合で、「追納」をしない場合であれば、計算方法は変わってきます。

少し複雑ではありますが、見ていきましょう。

生の年金・死の年金 死亡時期でこんなに変わる年金受給[本/雑誌] / 三村正夫/著

価格:1,620円
(2015/3/2 05:14時点)
感想(0件)

受け取れる年金額を計算してみよう!


 

最近では、年金定期便が届くようになり、計算式もそちらに記載されておりますので、比較的わかり易くなりました。

計算式は以下のとおりです。

「年金額(満額)×(保険料納付済月数+全額免除月数×1/3+3/4免除月数×1/2+半額免除月数×2/3+1/4免除月数×5/6)/480月」

とんでもなく複雑に見えますが、免除を受けたことがない方は、「年金額(満額)×保険料納付済月数/480月」で計算できますので、かなり簡単です。

例えば、平成27年4月から受け取る年金の場合で、納付月数が30年(360ヶ月)だった場合で計算してみましょう。

「780,096円×360ヶ月/480月」=585,072円 となります。

満額の場合は2ヶ月に1度130,016円が受け取れるのに対し、30年の場合は97,512円となります。

こうやって見てみると、やはり満額受け取りたいですね。

しかし、すでにお気づきの方も多いと思いますが、年金額は「満額が何円になるか」で大きく変わってしまうのです。

受け取れる年金の満額は増えるの?減るの?


 

実は、年金の満額は平成11年(1999年)までは増え続けておりました。

しかし、バブル崩壊からデフレ突入への煽りを受けてか、そこから少しずつ減って増やしてを繰り返しているのです。

平成11年年4月からの1年間は満額804,200円、平成16年4月からは満額794,500円でした。

平成23年4月からは満額788,900円、平成26年4月からは満額772,800円です。

そして、今回(まだ予定ですが)かなり久しぶりに増額改定が行われます。

経済対策の効果と言って良いかはさておき、これで将来的に年金受取額が増える可能性も出てきました。

新しい改正で10年支払っていれば受け取れるだろう国民年金、納付不足がある場合は今からでも納めてみると、将来思わぬ金額になるかもしれませんよ。

思わぬ金額というのが、増えてか減ってかは分かりませんけどね(笑)

スッキリわかる年金しくみと手続き第2版 [ 服部営造 ]

価格:1,620円
(2015/3/2 05:16時点)
感想(2件)

※上記の内容は、平成27年3月2日時点の法律に則って記載しております。

関連記事

nenkin

公的年金ってなあに?《老齢厚生年金》

さて、今回からはまた年金の続きを書かせていただきます。 質問いただいた内容は、数点調べている最

記事を読む

syaho

介護保険ってなあに?

さて、今回は「介護保険」について書いていきたいと思います。   介護保険ってなあに

記事を読む

nenkin

公的年金ってなあに?《障害給付》

さて、今回も引き続き年金について書かせていただきます。 今回は「障害給付」について書いていきた

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

国民年金ってどうすればもらえるの?

さて、前回に引き続き今回も年金について書かせていただきます。 少し堅苦しい内容が続いております

記事を読む

haikei3

収入と所得の違いとは?

はじめまして、から少し時間が空いてしまいました。 ブログページの設定やら何やら、新しいことばか

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

公的年金等控除ってなあに?

さて、前回に引き続きまして今回は「ケースで見る企業年金の受取り方《公的年金等控除》」で説明させていた

記事を読む

nenkin

公的年金ってなあに?《国民年金の基礎》

さて、今回は国民年金の基本的な部分を見てまいりましょう。   強制加入被保険者とは

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

退職所得控除ってなあに?

さて、今回は「ケースで見る企業年金の受取り方《退職所得控除》」で触れました、退職所得控除について詳し

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

社割り(従業員割引)を給与に加算されたんだけど?

さて、今回は質問をいただきました内容について書かせていただきます。 アパレルショップ店員の方が

記事を読む

kigyounenkin

個人事業主や零細企業でも導入できる企業年金はないの?!

さて、今回で「企業年金」シリーズも最終です。 個人事業主や零細企業でも導入できる企業年金につい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

税ブロのロゴ.jpg
こうやって見たら「VALU」って無敵じゃない?

すごく久しぶりに書きます。すみません、ホント。  

税ブロのロゴ.jpg
個別のご相談はこちらから!

  日常生活における税金に関するお悩みにお答えします

20140918_gensenzeita
退職してからどれぐらいで源泉徴収票がもらえるの?1

すっかり時間が空いてしまいました、申し訳ございません。 週に数回

税ブロのロゴ.jpg
あなたの会社の経理は仕組み化できていますか?

大変ながらく更新が滞ってしまいました。 多くの質問にまだお答えで

税ブロのロゴ.jpg
社割り(従業員割引)を給与に加算されたんだけど?

さて、今回は質問をいただきました内容について書かせていただきます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑