*

個人事業主の青色申告のメリット・デメリットとは?

公開日: : 最終更新日:2014/12/27 所得税, 税金(総合), 節税

前回は「実際の事業所得での節税例」「退職してから起業するより、起業してから退職すべき」といった内容を書かせていただきました。

今回は最後に触れました、「個人事業主(事業所得での青色申告をすること)のメリット・デメリット」を見ていきたいと思います。

 

何より一番のメリットは、「青色申告」により最高65万円の控除が受けられることです。(措法25の2)そのため、「儲け」が65万円出ても税金はかかりません。

さら上記の申告をすることにより、「租税特別措置法」と呼ばれる、いわゆる「特例」の税制メリットを受けることができます。

これだけで、他の所得よりも圧倒的に節税メリットがあります

例えば、10万円以上のものは「減価償却資産」として「減価償却費」で少しずつ経費にする決まりも、「特例」により30万円未満まで全額その年に「減価償却費」として経費にできるようになります。(上限300万円、措法67の5)

他にも、配偶者が協力して働いてくれることに対し、「青色事業専従者給与」としてお給料が渡せる(所法57、所令165)、「雇用促進税制」として前年より雇用者が増加した場合税金が安くなる制度(措法42の12の4)や、「貸倒引当金」の計上、「繰戻し還付」など様々あります。

これらは、「事業所得」又は「不動産所得」や「山林所得」で「青色申告」をしていないと受けることができないメリットです

 

ただし、「青色申告」のデメリットとしては「正規の簿記の原則に従って会計帳簿を作成し、保存する義務が生じる」ことです。

もう、文章からして面倒な感じがしますね。。。

「帳簿記帳」いわゆる「簿記」の資格を取っている人なら、な~んだと思うことかもしれませんが、一般的には触れることのない「仕訳」という会計処理を行う必要があります。そして、それらの根拠となる資料や領収書を最長7年間保管しなければなりません

こういったことをまとめて引き受けてくれるのが「税理士」さんです。(税理士さんによって請け負ってくれる範囲は異なります)

もちろん、税理士さんも商売ですので、依頼するにはお金がかかります。もちろん、優れた税理士さんは税金の専門家でありプロフェッショナルです。しっかりとした税理士さんに巡りあえれば支払ったお金以上のメリットがあることもありますので、税理士さんを選ぶ時は本当に信用できる相手なのかを十分時間をかけて選びましょう。

 

少し脱線してしまいましたが、簡単にメリットデメリットをまとめるとこのようになります。「個人事業主」として働くことにより節税の可能性は大きく増えますので、副業をされている方、これからしようとされている方はぜひご検討ください。

 

※上記の内容は、平成26年10月9日の法律に則って記載しております。

関連記事

zeiseikaisei

平成27年(2015年)から施行される税制を見てみよう!

さて、12月も残すところあと少しですね。 みなさん、年内の駆け込み節税は終わりましたか?

記事を読む

itizisyotoku

節税のために学ぼう!~一時所得1~

さて、前回の「譲渡所得」はとりあえずさらっと終えまして、今回は「一時所得」の説明に入りたいと思います

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

船を買って節税できるの?

さて、年初早々にバブリーな質問をいただきましたので、書かせていただきます。 船を買って節税なん

記事を読む

dotiragaotoku

103万円を超えても受けられる、配偶者特別控除ってなんだろう?

さて、前回の続きです。 今回は「配偶者特別控除」についてご説明させていただきたいと思いますが、

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

税金はどうして払わされている感じがするのだろう?

さて、税制改正大綱も一段落しましたので、いただいている質問に対して書かせていただきます。 今回

記事を読む

20140918_gensenzeita

あなたの源泉徴収票は正しいですか?1

さて、今回は「収入と所得の違いとは?」でも軽く触れました、「源泉徴収票」を見ていきましょう。

記事を読む

seihokouzyo2

生命保険料控除の節税ケース4~介護保険の利便性~

前回は「医療保険の見直し」について説明させていただきました。 今回は、「介護保険の利便性」と題

記事を読む

keiba

競馬で勝ったら確定申告しないといけないの?

さてさて、前回は「年収103万円以下でも住民税は払わなければならないって本当?」で住民税について書か

記事を読む

27kaiseitop

平成27年度税制改正大綱 《国外転出をする場合の譲渡所得等の特例》

さて、引き続き平成27年度の税制改正大綱について書かせていただきます。   国外転

記事を読む

27kaiseitop

平成27年度税制改正大綱 《結婚・子育て資金の一括贈与に関する非課税措置》

さて、今回は新しく実施される予定の税制について書かせていただきます。   結婚・子

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

税ブロのロゴ.jpg
こうやって見たら「VALU」って無敵じゃない?

すごく久しぶりに書きます。すみません、ホント。  

税ブロのロゴ.jpg
個別のご相談はこちらから!

  日常生活における税金に関するお悩みにお答えします

20140918_gensenzeita
退職してからどれぐらいで源泉徴収票がもらえるの?1

すっかり時間が空いてしまいました、申し訳ございません。 週に数回

税ブロのロゴ.jpg
あなたの会社の経理は仕組み化できていますか?

大変ながらく更新が滞ってしまいました。 多くの質問にまだお答えで

税ブロのロゴ.jpg
社割り(従業員割引)を給与に加算されたんだけど?

さて、今回は質問をいただきました内容について書かせていただきます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑