*

103万円を超えても受けられる、配偶者特別控除ってなんだろう?

公開日: : 最終更新日:2014/10/27 年末調整, 所得税, 税金(総合)

さて、前回の続きです。

今回は「配偶者特別控除」についてご説明させていただきたいと思いますが、その前に「保険料控除申告書」を簡単に知っていただく必要がございますので、そちらからご説明致します。

 

保険料控除申告書の正式名称って?


まず最初に、「保険料控除申告書」というのは、年末調整時期に渡されるぺらっとした紙切れ2枚の内の1枚です。

「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」と一緒に渡されるもう1枚の紙です。

一般的には「生命保険料控除証明書」を添付して記載し、控除を受ける方が多いと思われます。

上記の「保険料控除申告書」の正式名称をご存知ですか?

「給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」です。

あまり意識して見ていらっしゃる方は少ないかと思いますが、ぜひ一度お手元の用紙でご確認ください。

右上に小さく「保・配特」と書いてあります。国税庁が平成26年分をアップしましたので、実物を見てみましょう。 hokenryoukouzyo

小さくて見えない場合はお手数ですが、コチラのPDF(国税庁HP)でご確認ください。

こちらの右3分の1ぐらいに記載欄があるのが、「配偶者特別控除」です。


 

配偶者特別控除ってなんだろう?


「扶養」という言葉で、「配偶者控除」を意識する方は多いと思います。

しかし、「配偶者特別控除」は意外と知られておりません

簡単に申しますと、年収103万円を超えても、一部控除を認めますよという制度です。

前回お伝え致しましたとおり、「配偶者控除」は380,000円の所得控除を受けることができます。

「配偶者特別控除」は、控除額は段階的に減っていきますが、年収140万円までは控除を受けることができるのです

控除額は以下を参考にしてください。

配偶者特別控除の控除額

配偶者の合計所得金額 配偶者特別控除の控除額
38万円を超え40万円未満 38万円
40万円以上45万円未満 36万円
45万円以上50万円未満 31万円
50万円以上55万円未満 26万円
55万円以上60万円未満 21万円
60万円以上65万円未満 16万円
65万円以上70万円未満 11万円
70万円以上75万円未満 6万円
75万円以上76万円未満 3万円
76万円以上 0円


 実際に計算してみよう!


実際に例を出して計算してみたいと思います。

サンプル税太くんの奥さんが、「お給料で年収118万円を稼いだ場合」で計算してみましょう。

年収118万円を上記の式に当てはめますと、

「年収1,180,000円-給与所得控除650,000円=所得530,000円」→「50万円以上55万円未満 26万円控除」です。

奥さんの税金を計算してみましょう。

「年収1,180,000円-給与所得控除650,000円-基礎控除380,000円=課税所得150,000円」

所得税「課税所得150,000円×所得税率5%=7,500円」

住民税「課税所得200,000円×住民税率10%=20,000円」(注:住民税の基礎控除は330,000円です)

となり、奥さんは合計27,500円の増税となります。

次にサンプル税太くんを見てみましょう。

gensenkakko2

もう「源泉徴収票」はいらないかもしれませんが、念のため。

前回ご説明致しましたとおり、サンプル税太くんが結婚した場合の計算は以下のとおりです。

「所得1,971,000円-配偶者控除380,000円=課税所得1,591,000円」

この配偶者控除が26万円に下がりますので、

「所得1,971,000円-配偶者特別控除260,000円=課税所得1,711,000円」

ですね。それでは増税額を計算してみましょう。

所得税「1,711,000円-1,591,000=120,000円」「120,000円×所得税率5%=6,000円」

住民税「120,000円×住民税率10%=12,000円」

となり、サンプル税太くんは合計18,000円の増税となります。

夫婦合わせますと「27,500円+18,000円=45,500円」の増税です。


 

手取りで見てみよう!


上記の内容だけ見ていますと、「45,500円」増税しただけのように見えますが、実際お手元に残るお金は当然増えます

ギリギリ年収103万円稼いでいた場合と比較してみましょう。

「1,180,000円-1,030,000円-45,500円=104,500円」手取りが増加しています。

これを、「104,500円手取りが増えた」と考えるか、「45,500円分ただ働きだった」と思うかは皆さん次第ですが、簡単にまとめますと収入が増えない限りは使えるお金は増えません

今回は118万円で計算してみましたが、107万円ですと合計14,000円の増税、26,000円の手取り増加です。

収入を増やして少し贅沢したり貯金に回すか、収入を増やさずに節約してやりくりするかは、人によって違うと思いますので、あくまで今回の計算は参考として頭に置いておいていただけると幸いです。

 

さて、次回からは本格的に「年末調整」についてご説明させていただきます。

自分から学んで動かないとお金は減る一方ですので、ぜひお目通しください。

 

※上記の内容は、平成26年10月26日時点の法律に則って記載しております。

 

関連記事

marufu

自営業でも給与所得者の扶養控除等申告書を提出するの?!

さて、今回はご質問いただきました、「自営業者でも給与所得者の扶養控除等申告書を提出するの?!」につい

記事を読む

20140918_gensenzeita

あなたの源泉徴収票は正しいですか?1

さて、今回は「収入と所得の違いとは?」でも軽く触れました、「源泉徴収票」を見ていきましょう。

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

はじまりました2015年

お正月を満喫中の方も、正月でも休みなんかねーよ!という方も、おはようございます。 ついに201

記事を読む

itizisyotoku

節税のために学ぼう!~一時所得1~

さて、前回の「譲渡所得」はとりあえずさらっと終えまして、今回は「一時所得」の説明に入りたいと思います

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

はじめまして

はじめまして! 友人からの希望もあって、「税金に関する内容を、分かりやすく書く」ことを

記事を読む

zouyo

贈与ってなあに?

前回までは、電気代の節約について書かせていただきました。 今回は、年末に向けてご質問いただいた

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

国外にお金(財産)がある人は申告が必要って本当?

さて、確定申告も終わり、休暇も終わりましたので、また書かせていただきます。 今回は以外と知られ

記事を読む

27kaiseitop

平成27年度税制改正大綱 《住宅ローン控除の延長》

さて、少し時間が空いてしまいましたが、税制改正大綱に引き続き触れていきたいと思います。 &nb

記事を読む

zeiseikaisei

平成27年(2015年)に施行される税制《軽自動車税の増税編》

前回までで、相続税・贈与税の改正のご紹介が終わりました。 今回は「軽自動車税の増税」です。

記事を読む

zeiseikaisei

平成27年(2015年)に施行される税制《相続税の減税編》

さて、前回は平成27年(2015年)に入って急に相続税がかかる可能性があることについて、説明させてい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

税ブロのロゴ.jpg
こうやって見たら「VALU」って無敵じゃない?

すごく久しぶりに書きます。すみません、ホント。  

税ブロのロゴ.jpg
個別のご相談はこちらから!

  日常生活における税金に関するお悩みにお答えします

20140918_gensenzeita
退職してからどれぐらいで源泉徴収票がもらえるの?1

すっかり時間が空いてしまいました、申し訳ございません。 週に数回

税ブロのロゴ.jpg
あなたの会社の経理は仕組み化できていますか?

大変ながらく更新が滞ってしまいました。 多くの質問にまだお答えで

税ブロのロゴ.jpg
社割り(従業員割引)を給与に加算されたんだけど?

さて、今回は質問をいただきました内容について書かせていただきます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑