*

贈与税の申告はしたほうがいいの?

公開日: : 税金(総合), 節税, 贈与税

すっかり寒くなってきましたね。

最近はご質問いただいたことにお答えすることも増え、ネタ切れにならずに助かっています(笑)

なるべく分かりやすくお答え致しますので、これからもどしどしご質問をお寄せください。

さて、今回いただいたご質問は「贈与税の申告はしたほうがいいの?」という内容です。

それでは順を追ってご説明致します。

110万円までなら税金はかからないのですよね?


 

以前「贈与税ってなあに?」で贈与税には基礎控除が110万円あり、それ以下であれば税金は発生しないことをご説明致しました。

そのため、基本的に110万円以下の贈与であれば、「贈与税申告」をする必要はありません

しかしながら、それでは贈与が成立したかどうかの証拠を残すことができないのです

以前お伝えしましたとおり、意識的に贈与をする方は、相続税対策で取り組まれることが多いです。

そのような場合は、「贈与が成立したこと」を証明することが必要となります。
 

どうやって贈与を証明するの?


 

一般的には贈与が成立した証拠を残すために「贈与税申告」をすることが多いです

その「贈与税申告」に代えて「贈与契約書」を残すことで贈与を証明することもできます

「贈与契約書」とは贈与した人(支払った人)と贈与を受けた人(受け取った人)がお互いに署名し、保管することにより、贈与があった証拠を残す契約書です。

これで、実際に贈与があったことを証明することができます。

では、これがあれば「贈与税申告」をする必要はないのでしょうか。 

毎年の贈与は危険?!


相続税対策を行うにあたり、毎年贈与を行う人が多いです。

毎年贈与をすることにより、相続税を減らすことができる対策です

しかしながら、毎年110万円以下の贈与を行った場合、「贈与税申告」を行う必要がありません

もちろん、毎年「贈与契約書」を残しておけば、贈与自体は成り立つはずです。

ですが、ここから「民法」と「税法」の違いが関係してきます。

 

毎年110万円の贈与を5年続けると550万円の贈与?!


実は過去の判例で110万円の贈与を5年続けた際に、550万円の贈与として税金を払わされたケースがあります。

これまでに記載しましたとおり、110万円以下の贈与のため、「贈与税申告」を行っていなかったそうです

そのため、元々550万円の贈与をする予定を5年に分けて贈与した、という判断をされてしまいました。

「贈与契約書」により「民法上」毎年の贈与は認められたものの、「税法上」贈与は550万円と判断されたのです

少し難しいですね。 民法で定められている「贈与」と税法で定められている「贈与税」は同じではないということです

では、どうやって対策すればよいのでしょうか。

毎年贈与税申告を行いましょう!


 

このように、後ほどの追徴を避けるためには、毎年「贈与税申告」を行うしかありません

そのため、税理士の方は「111万円」贈与を行い、1,000円だけ贈与税を納税することにより、毎年「贈与税申告」を行う提案をしてくださる場合があります。

一番手間がかからず効果的な相続税対策です

さらに、優秀な税理士は「110万1千円」贈与することを提案してくださいます

贈与税は1,000円未満の端数は切り捨てです。

つまり、「110万1千円」の贈与にすることで、贈与税を納めずに「贈与税申告」を行うことができます

税理士もさまざまな種類の方がいらっしゃいます。

こういった提案ひとつ取っても、私たちのことを考えてくださる税理士さんが本当に優秀な税理士なのだろうと私は思います。

 

最後は少し脱線しましたが、こういった細かい対策をすることで本当の節税ができます。

あなたも今から税金対策に取り組んでみてはいかがですか?

 

※上記の内容は、平成26年11月24日時点の法律に則って記載しております。

関連記事

haikei3

事業所得の節税ケース1~こども服転売~

前回の最後に触れましたとおり、今回からは様々な節税のケースを見ていきたいと思います。 最初は、

記事を読む

zouyo

贈与をしたかどうかは、どうやってバレるの?

さて、本日が今年の仕事納め、なんて方も多いでしょうね。 あっという間に一年が終わっていきますね

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

公的年金だけで生活していても確定申告が必要?

ついに12月に突入です。あと一ヶ月すれば今年も終わります。 あっという間だった方も、長く感じた

記事を読む

seihokouzyo2

生命保険料控除の節税ケース1 ~終身保険で運用しよう~

それでは、今回からは生命保険料控除を使った節税のケースを見ていきたいと思います。 これから保険

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

確定申告は専門家に依頼しよう!

更新がしばらくあいてしまいましたが、本日が確定申告書提出期限です! 私自身が依頼を受けている分

記事を読む

ryousyuusyo

サラリーマンも経費が認められるって本当?1

前回は「あなたの税率は何パーセント?」と題しまして、皆さんが実際に何パーセントの所得税を納めていらっ

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

船を買って節税できるの?

さて、年初早々にバブリーな質問をいただきましたので、書かせていただきます。 船を買って節税なん

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

年収103万円以下でも住民税は払わなければならないって本当?

さて、前回は「贈与税ってなあに?」で贈与税の計算方法までを説明させていただきました。 今回は、

記事を読む

zigyougazou

節税のために学ぼう!~事業所得1~

前回は「減価償却費とは?」と、少し脱線して「減価償却費」の説明をさせていただきました。 今回か

記事を読む

umiga

投資は扶養されている配偶者がしたほうが有利?!

前回に引き続きまして、「配当所得」での節税を見ていきましょう。   今回はタイ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

税ブロのロゴ.jpg
こうやって見たら「VALU」って無敵じゃない?

すごく久しぶりに書きます。すみません、ホント。  

税ブロのロゴ.jpg
個別のご相談はこちらから!

  日常生活における税金に関するお悩みにお答えします

20140918_gensenzeita
退職してからどれぐらいで源泉徴収票がもらえるの?1

すっかり時間が空いてしまいました、申し訳ございません。 週に数回

税ブロのロゴ.jpg
あなたの会社の経理は仕組み化できていますか?

大変ながらく更新が滞ってしまいました。 多くの質問にまだお答えで

税ブロのロゴ.jpg
社割り(従業員割引)を給与に加算されたんだけど?

さて、今回は質問をいただきました内容について書かせていただきます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑