*

年末調整で確認しよう!~生命保険料控除2~

公開日: : 住民税, 年末調整, 所得税, 税金(総合), 節税

さて、前回は「生命保険料控除の確認」「所得税の生命保険料控除額計算」を行いました。

今回は、住民税の生命保険料控除計算と節税額を見てみましょう。

 

住民税の控除額を計算してみよう!


それでは早速、住民税の計算をしてみましょう。

住民税の控除の計算式は以下のとおりです。

「旧」契約の住民税控除

年間の支払保険料等 控除額
15,000円以下 支払保険料等の全額
15,000円超 40,000円以下 支払保険料等×1/2+7,500円
40,000円超 70,000円以下 支払保険料等×1/4+17,500円
70,000円超 一律35,000円

「新」契約の住民税控除

年間の支払保険料等 控除額
12,000円以下 支払保険料等の全額
12,000円超 32,000円以下 支払保険料等×1/2+6,000円
32,000円超 56,000円以下 支払保険料等×1/4+14,000円
56,000円超 一律28,000円

上記の計算式を用いて、控除額を計算してみましょう。

H26seihokouzyo1

前回と同じく、平成26年生命保険料控除証明書で「一般用・旧制度」の資料です。

「ご申告額」の欄は変わらず72,000円で計算してみましょう。

「旧」契約の「70,000円超」に該当しますので、35,000円の住民税所得控除となります。


 

節税メリットを計算してみよう!


前回の所得税の所得控除は43,000円でした。

今回の住民税の所得控除35,000円と合わせて、どれだけの節税メリットがあるかを見てみましょう。

皆さんもうすっかり慣れていると思いますので、単純に計算だけしてみたいと思います。

あくまで最低税率で計算する場合でみましても、所得税5%と住民税10%の税率がかかります。

所得税「43,000円×5%=2,150円」

住民税「35,000円×10%=3,500円」

合計「2,150円+3,500円=5,650円」の節税メリットです。

所得控除の金額を見ると、すごく節税できた気になりますが、実際はそれほど大きな節税には繋がっていません。

ですが、最初にお伝えしたとおり、あくまで「保障」がメインですので、家族の将来の「保障」をしたら税金が減った、ぐらいの感覚のほうが良いかもしれません。


 

と、前フリをしておきながら、実は支払った以上にお金が返ってくる生命保険もあります

次回からは様々な保険での運用、節税などをお伝えしていきたいと思います。

 

※上記の内容は平成26年11月1日時点の法律に則って記載しております。

 

関連記事

marufu

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書を渡されなかったけど、どうすればいいの?

年末調整が終わりに近づいておりますが、ご質問をいただきましたのでお答え致します。  

記事を読む

20140918_gensenzeita

源泉徴収票って何に使うの?

さて、今回もご質問いただきました「源泉徴収票って何に使うの?」について書かせていただきます。

記事を読む

dotiragaotoku

103万円を超えても受けられる、配偶者特別控除ってなんだろう?

さて、前回の続きです。 今回は「配偶者特別控除」についてご説明させていただきたいと思いますが、

記事を読む

kigyounenkin

企業年金ってなあに?《確定拠出年金・個人型》

さて、前回に引き続き「確定拠出年金」について書かせていただきます。 今回は「個人型」についてみ

記事を読む

zouyo

贈与税ってなあに?

前回は、「おじいちゃん、おばあちゃんに学費を払ってもらったら、それは贈与です!」を書かせていただきま

記事を読む

tousi

海外移住時に株などの含み益に課税されるって本当?

さて、今回は日本から海外へ資産を持ち出す人へのバッドニュースです。 海外移住時に株などの含み益

記事を読む

haikei3

事業所得の節税ケース1~こども服転売~

前回の最後に触れましたとおり、今回からは様々な節税のケースを見ていきたいと思います。 最初は、

記事を読む

H26seihokouzyo1

年末調整で提出し忘れたらどうすればいいの?《保険料控除証明書編》

前々回は「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」を提出し忘れた場合について

記事を読む

27kaiseitop

平成27年度税制改正大綱 《NISAの未成年者口座》

さて、今回の税制改正大綱で新しくできました「NISAの未成年者口座」について書かせていただきます。

記事を読む

27kaiseitop

平成27年度税制改正大綱 《検討事項》前半

さて、税制改正大綱の最後の項目、「検討事項」についてみていきましょう。 「検討事項」とは、今後

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

税ブロのロゴ.jpg
こうやって見たら「VALU」って無敵じゃない?

すごく久しぶりに書きます。すみません、ホント。  

税ブロのロゴ.jpg
個別のご相談はこちらから!

  日常生活における税金に関するお悩みにお答えします

20140918_gensenzeita
退職してからどれぐらいで源泉徴収票がもらえるの?1

すっかり時間が空いてしまいました、申し訳ございません。 週に数回

税ブロのロゴ.jpg
あなたの会社の経理は仕組み化できていますか?

大変ながらく更新が滞ってしまいました。 多くの質問にまだお答えで

税ブロのロゴ.jpg
社割り(従業員割引)を給与に加算されたんだけど?

さて、今回は質問をいただきました内容について書かせていただきます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑