*

社割り(従業員割引)を給与に加算されたんだけど?

さて、今回は質問をいただきました内容について書かせていただきます。

アパレルショップ店員の方が、社割りでその店の服を買ったが、その値引き分が給与に加算されていたという話です。

社割り(従業員割引)を給与に加算されたんだけど?


アパレルショップで働く場合ですと、その店の服を購入し、それを着て接客をしなければならないケースが多いです。

一般的には「社割り」ですので、割引されて購入できます。

ですが、その割引分を「給与」として加算されることもあるようです

つまり、会社が割引した金額は、会社が負担するのではなく、「給与」としてあなたに支払ったことにする処理の方法です。

これにより、働いている人が損をするのでしょうか?

どういった影響があるかを考えてみましょう。

社員の給料は上げるが総人件費は増やさない経営 [ 佐藤肇 ]

価格:10,584円
(2015/6/11 20:14時点)
感想(0件)

給与に加算されると、どういうデメリットがあるの?


 

「給与」に加算されるということは、税金や社会保険などが増える可能性があるということです

これが一番のデメリットでしょう。

詳しくは「医療保険ってなあに?《健康保険編・基礎》」を参考にしてください。

さらに、「扶養の範囲内」で働いている人は、この加算により超えてしまう可能性もあります

社割りでどれだけ購入したのかも把握しておかなければならなくなります。

超えてしまいそうな人は「年収103万円と年収130万円はどちらがお得?」で確認してみてください。

では、お勤めの会社によって「給与」に加算したり、しなかったりするのはなぜでしょうか。

実は「給与」に加算するほうが、お勤めの会社にとってはメリットが大きいのです

売上を減らさずに経費が増やせたり、支払った給与額を増やすことにより国から支援金を受け取ることもできます。

詳しくは直接お店の方に聞いてみてください。

そして、雇われる際に渡された「雇用契約書」や「就業規則」に記載されている内容を確認してみてください。

それでは、「給与」に加算される側にメリットはないのでしょうか。

給与に加算されると、どういうメリットがあるの?


 

基本的に、好きな服を値引き額で購入できることがメリットの1つとしてあります。

それ以外には、自分で確定申告をすることにより、税金を減らすことができる可能性があるのです

「特定支出控除」と呼ばれる制度があり、これを活用すると、買った服をあなたの経費にすることができるのです

詳しくは「サラリーマンも経費が認められるって本当?1」を参考にしてください。

この制度を活用すると、お勤め先も、あなた自身も税制メリットを受けることができます。

お勤め先とあなた自身、どちらもメリットを受ける方法もあるのですから、ぜひお勤め先と話し合ってください。

税金のことを知っておけば、こういった「給与に加算される」という不満をも解消することができます。

ぜひ、こういう方法もある、ということを頭に置いておいてください。

 

★1本から送料無料!ショップ店員自腹買いの高機能&バニラの香り♪誘惑しマスカラ【送料無料】【マスカラ】( ym-mnn-a9y1 )

価格:798円
(2015/6/11 20:10時点)
感想(10802件)

※上記の内容は、平成27年6月11日時点の法律に則って記載しております。

関連記事

syaho

介護保険ってなあに?

さて、今回は「介護保険」について書いていきたいと思います。   介護保険ってなあに

記事を読む

hananoe

節税のために学ぼう!~利子所得2~

さて、前回の利子所得の続きをご説明していきたいと思います。 利子所得で節税ができるのか、という

記事を読む

seihokouzyo2

生命保険料控除の節税ケース2~個人年金保険に加入しよう~

前回はケース1としまして「終身保険で運用しよう」という内容を書かせていただきました。 今回は、

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

確定申告は専門家に依頼しよう!

更新がしばらくあいてしまいましたが、本日が確定申告書提出期限です! 私自身が依頼を受けている分

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

公的年金等控除ってなあに?

さて、前回に引き続きまして今回は「ケースで見る企業年金の受取り方《公的年金等控除》」で説明させていた

記事を読む

27kaiseitop

平成27年度税制改正大綱 《結婚・子育て資金の一括贈与に関する非課税措置》

さて、今回は新しく実施される予定の税制について書かせていただきます。   結婚・子

記事を読む

zeiseikaisei

平成27年(2015年)に施行される税制《社会保障・税番号制度導入編》

さて今回は、もはや懐かしくなってしまっている「マイナンバー制度」について書かせていただきます。

記事を読む

27kaiseitop

平成27年度税制改正大綱 《NISAの限度額引き上げ》

さて、平成27年度の税制改正について書いていきます。   NISAの限度額が上がり

記事を読む

chirstmas

クリスマスプレゼントは経費になるの?

クリスマス直前にとんでもない質問をいただきましたので、書かせていただきます。  

記事を読む

20140918_gensenzeita

退職してからどれぐらいで源泉徴収票がもらえるの?1

すっかり時間が空いてしまいました、申し訳ございません。 週に数回質問いただくこともありましたの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

税ブロのロゴ.jpg
こうやって見たら「VALU」って無敵じゃない?

すごく久しぶりに書きます。すみません、ホント。  

税ブロのロゴ.jpg
個別のご相談はこちらから!

  日常生活における税金に関するお悩みにお答えします

20140918_gensenzeita
退職してからどれぐらいで源泉徴収票がもらえるの?1

すっかり時間が空いてしまいました、申し訳ございません。 週に数回

税ブロのロゴ.jpg
あなたの会社の経理は仕組み化できていますか?

大変ながらく更新が滞ってしまいました。 多くの質問にまだお答えで

税ブロのロゴ.jpg
社割り(従業員割引)を給与に加算されたんだけど?

さて、今回は質問をいただきました内容について書かせていただきます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑