*

節税のために学ぼう!~基礎~

公開日: : 最終更新日:2014/12/27 所得税, 税金(総合), 節税

さて、前回にもお伝えしておりましたとおり、今回からは節税に繋がる内容を書いていければと思います。

その前提条件として、まず所得税の「所得の種類」を知っておいていただく必要がございますので、今回は所得税の「所得の種類」についてご説明します。

 

確定申告をされたことのある方、確定申告書をご覧になられたことがある方はご存知かと思いますが、所得税には給与所得(お給料)以外にも様々な種類の所得があります。それらの種類を簡単に見ていきましょう。

①利子所得  → 銀行預金や郵便貯金に対する利子の受取り、お金を貸した際に受取る利子などに対する所得。

②配当所得  → 株式や投資信託を取得している場合に受取る、配当金や収益分配金などに対する所得。

③不動産所得 → 不動産を貸し付けている際に受取る賃料などに対する所得。

④事業所得  → 事業を行った際に受取る売上などに対する所得。

⑤給与所得  → 労働の対価として金銭を受取る「お給料」に対する所得。

⑥譲渡所得  → 不動産や株式などを売った際の売却額に対する所得。

⑦一時所得  → 一時的な、臨時的な収入に対する所得。

⑧雑所得   → その他、上記に該当しない所得。

ざっくりと簡単に見てみました。

お給料だけで生活されている方も、①利子所得や、②配当所得、⑧雑所得などはすでに関わりがあるかもしれませんよ?!

 

合わせて、「課税制度」も見ていきたいと思います。

「課税制度」には、「総合課税制度」「源泉分離課税制度」「申告分離課税制度」の3種類あり、基本的には「総合課税制度」で税金を計算することになっています。

え?なんのこと?となってしまっていますよね。。。急にこのようなことを説明しましたのは、上記8つの所得は基本的には合算して税金を求める、ことをお伝えしたかったからです。

これでピンときた方もいらっしゃるかもしれません。例えば、給与所得がサンプル税太くんのように290万円あったとしても、不動産所得で赤字が252万円あった場合、税金は0円になります

簡単に計算式を、、、「給与所得290万円-不動産所得(赤字)252万円-基礎控除38万円=0円」となります。

この場合、所得が0円ですので、税金を払う必要はなく、扶養に入ることもできます。

 

なんのこっちゃ、となっている方もいらっしゃるでしょう。次回からは、これらを踏まえて8つの所得を1つずつ説明していきたいと思います。

その際に「節税」対策も簡単に記載していきますので、お楽しみに♪

 

※上記の内容は、平成26年9月24日時点の法律に則って記載しております。

 

関連記事

marufu

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書はなぜ来年分(平成27年分)を書かされるの?

前回は「保険料控除申告書」を提出し忘れた場合について書かせていただきました。 今回は少し話は変

記事を読む

27kaiseitop

平成27年度税制改正大綱 《検討事項》前半

さて、税制改正大綱の最後の項目、「検討事項」についてみていきましょう。 「検討事項」とは、今後

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

公的年金等控除ってなあに?

さて、前回に引き続きまして今回は「ケースで見る企業年金の受取り方《公的年金等控除》」で説明させていた

記事を読む

20140918_gensenzeita

源泉徴収票がまだ届かない、どうすればいい?

さて、本日より確定申告の提出がスタートしましたね。 それに合わせて、ご質問いただきました源泉徴

記事を読む

zeiseikaisei

平成27年(2015年)に施行される税制《相続税の基礎控除編》

さて、前回に引き続き、平成27年から施行される税制をひとつずつ見ていきたいと思います。 まずは

記事を読む

haikei3

事業所得の節税ケース2~FXで副業~

前回に引き続き、事業所得の節税ケースを見ていきたいと思います。 今回はあえて「FX」です。「副

記事を読む

seihokouzyo2

生命保険料控除の節税ケース1 ~終身保険で運用しよう~

それでは、今回からは生命保険料控除を使った節税のケースを見ていきたいと思います。 これから保険

記事を読む

itizisyotoku

節税のために学ぼう!~一時所得2~

さて、前回に引き続き今回も「一時所得」についてご説明できればと思います。 そして、「文字の色を

記事を読む

kirin

週末起業は事業所得を選べ!!2

前回は個人的な意見をただただ書き綴ることになってしまいました。今回は、週末起業であっても「事業所得」

記事を読む

fudousangazou

節税のために学ぼう!~不動産所得2~

それでは、前回に引き続き「不動産所得」による節税を見ていきましょう。 以前よりご説明しておりま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

税ブロのロゴ.jpg
こうやって見たら「VALU」って無敵じゃない?

すごく久しぶりに書きます。すみません、ホント。  

税ブロのロゴ.jpg
個別のご相談はこちらから!

  日常生活における税金に関するお悩みにお答えします

20140918_gensenzeita
退職してからどれぐらいで源泉徴収票がもらえるの?1

すっかり時間が空いてしまいました、申し訳ございません。 週に数回

税ブロのロゴ.jpg
あなたの会社の経理は仕組み化できていますか?

大変ながらく更新が滞ってしまいました。 多くの質問にまだお答えで

税ブロのロゴ.jpg
社割り(従業員割引)を給与に加算されたんだけど?

さて、今回は質問をいただきました内容について書かせていただきます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑