*

確定申告はどういう時にしないといけないの?

公開日: : 最終更新日:2014/11/27 まめ知識, 所得税, 税金(総合)

さて、今回もご質問いただきましたので、どういった時に確定申告をしなければいけないか、をご説明致します。

実はどういった場合に確定申告をしなければならないか、あまり知られていません。

ですので、その条件を見てみましょう。

 

確定申告をしなければならない条件とは?


 

国税庁が発表している「確定申告をしなければならない者」は下記のとおりです。

1、その年中の所得の合計額が所得控除額の合計額を超え、それにかかる所得税額が税額控除を超える者(年末調整をした給与所得者を除く)

2、給与等の収入金額が年間2,000万円を超える者

3、その年に雑損控除、医療費控除、寄付金控除、住宅取得等特別控除の適用を受ける者

4、給与等の支払いを受ける際に、所得税を源泉徴収されないこととなっている者

5、同族会社の役員及びその親族等で、その法人から給与等以外に貸付金の利子や地代家賃等の支払いを受けている者

6、災害を受けたため、給与等について災害免除法で源泉徴収税額の猶予や還付を受けた者

7、退職手当等の支給者に対し、退職する日までに「退職所得の受給に関する申告書」を提出しなかったことにより、所得税を源泉徴収された者で、その徴収された税額が正規の税額よりも少ない者

さて、とりあえず全て記載しましたが、何がなんやらですね(笑)

ここからは、直接関係がありそうなものだけ記載致します。

普段の生活から必要となる場合はどんな時?


 

上記の国税庁が発表している内容では、正直よく分からないと思います。

ですので、少しだけ分かりやすく書かせていただきます。

まずは、寄付をした場合です。

寄付をした場合は、寄付をした先にもよりますが、寄付金控除を受けることができます

この寄付金控除を受けるためには、確定申告をする必要があります

そして、「10万円を超えなくても医療費控除が受けられる?!」でも書かせていただきましたとおり、医療費控除を受ける際にも確定申告をする必要があります

さらに、より皆さんに身近なのが、自宅を購入した際です。

全額キャッシュで支払うカッコイイ人はさて置き、基本的には住宅ローンを組まれると思います。

この住宅ローンの控除を受ける際にも、最初の1年だけ確定申告が必要です

その後は「年末調整で提出し忘れたらどうすればいいの?《住宅ローン控除・残高証明書編》」で書かせていただいたとおり、年末調整で終えることができます。

そして、お給料で主に生活をされていて、お給料以外の所得が20万円以上ある場合です。

だいたいこれぐらいを抑えておいていただければ、問題はないかと思います。

確定申告には2種類あります!


 

確定申告には、最初に記載しました「義務としてしなければならない場合」とその後に少し記載しました「することにより節税メリットを受けられる場合」の2種類あります。

節税メリットを受ける場合の確定申告は、義務にはなっていないことが多いです

そのため、ご自身で把握しておく必要があります

税金の仕組みを知り、把握しておかなければ節税はできないようになっています。

損をしないためにも、誰かに質問をするためにも、ご自身の現状は把握しておきたいものですね。

 

※上記の内容は、平成26年11月26日時点の法律に則って記載しております。

関連記事

税ブロのロゴ.jpg

税金はどれぐらい待てば還付されるの?

さて、今回もご質問いただいた内容について書かせていただきます。 還付申告をした後、どれぐらいで

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

公的年金だけで生活していても確定申告が必要?

ついに12月に突入です。あと一ヶ月すれば今年も終わります。 あっという間だった方も、長く感じた

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

アンケートモニターやってますか?

前回で、「一時所得」の説明も終わりました。今回は「雑所得」のご説明をさせていただく予定でしたが、以前

記事を読む

haikei3

事業所得の節税ケース3~アフィリエイト収入~

前回は「FX」についてケース紹介させていただきました。今回はご要望いただきました「アフィリエイト収入

記事を読む

seihokouzyo2

生命保険料控除の節税ケース3~医療保険の見直し~

さて、前回は「個人年金」について記載させていただきました。 そして関係ないですが、本日から私入

記事を読む

kirin

週末起業は事業所得を選べ!!1

さて、前回は「青色申告の由来」を書かせていただきました。 今回は「週末起業は事業所得を選べ!!

記事を読む

fudousangazou

節税のために学ぼう!~不動産所得2~

それでは、前回に引き続き「不動産所得」による節税を見ていきましょう。 以前よりご説明しておりま

記事を読む

430mannokyuuyosyotokukouzyo

あなたの税率は何パーセント?

前回までで、 「源泉徴収票」の確認方法が終わりました。   今回は、「源泉徴収

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

はじめまして

はじめまして! 友人からの希望もあって、「税金に関する内容を、分かりやすく書く」ことを

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

更正の請求ってなあに?

さて、前回は「修正申告」について書かせていただきました。 今回は逆パターン、「更正の請求」につ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

税ブロのロゴ.jpg
こうやって見たら「VALU」って無敵じゃない?

すごく久しぶりに書きます。すみません、ホント。  

税ブロのロゴ.jpg
個別のご相談はこちらから!

  日常生活における税金に関するお悩みにお答えします

20140918_gensenzeita
退職してからどれぐらいで源泉徴収票がもらえるの?1

すっかり時間が空いてしまいました、申し訳ございません。 週に数回

税ブロのロゴ.jpg
あなたの会社の経理は仕組み化できていますか?

大変ながらく更新が滞ってしまいました。 多くの質問にまだお答えで

税ブロのロゴ.jpg
社割り(従業員割引)を給与に加算されたんだけど?

さて、今回は質問をいただきました内容について書かせていただきます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑