*

消費税は実は8%じゃないって知っていましたか?

公開日: : 最終更新日:2014/11/10 まめ知識, 消費税

変わらず安静な日々を過ごしております。さて、今回は少し消費税についてご説明をさせていただきます。

 

消費税は8%ではない?!


タイトルにも表記しておりますとおり、実は消費税は8%ではありません

と、言ってしまいますと、少しヘリクツになってしまいますが。。。

実は、消費税は「消費税」と「地方消費税」に分かれています。

そのため、税金の勉強をしますと、「消費税及び地方消費税」といった表現が多いです。

お給料で言いますと、「所得税」と「住民税」に分かれているのと同じですね。

正確には「国税」と「地方税」といった区分で分かれています。

特別意識すべきことではありませんが、税金の仕組みを知ることから節税は始まります

そのためにも消費税は一体何パーセントなのかを、知っておいていただけると幸いです。


消費税は何パーセント?


では、消費税は何パーセントなのでしょう。

現時点では、消費税と地方消費税の合計は8%です。

そのうち、「国税」に分類される「消費税」は6.3%です。

そして、「地方税」に分類される「地方消費税は」1.7%です。

なぜこのような内訳になっているのかと申しますと、正直なところ後付け以外の何ものでもありません

以前、消費税と地方消費税の合計が5%だった頃がありました。

その際は、3%から5%に消費税を増税するにあたり、地方にも税収を分配することを目的としているという名目がありました

そのため、「国税」に分類される「消費税」を4%

「地方税」に分類される「地方消費税」を「国税」の「消費税」の25%追加でプラスする、という計算方法で合計の5%が定められておりました。

国の税収の25%を地方に配分するために、4%の25/100を追加で国民の皆様負担してくださいね、という計算です。

つまり、以前までは計算根拠が存在したのです。

消費税の合計が8%になってからは、「国税」の「消費税」の17/63で計算する法律になっています

もちろん、6.3%の17/63ですので、1.7%になり、合計が8%になります。

では、計算根拠が存在しないのに、なぜ8%必要なのでしょうか


税金が決められた理由を知ろう!


ここまででわかるのは、現在の消費税率8%に根拠は存在しない、ということです。

国税の税収を追加する必要があるのであれば、消費税増税の3%は全て国税の税収にすべきです。

さらに、平成27年10月に10%に増税するといった流れも、根拠がありません。

なぜ10%が必要なのか、どういった理由で税率が定められているのか、そういった点も理解する必要があります。

民主主義と言われていますが、特に税法は分かりにくくすることで意思決定(投票)の判断を曖昧にさせようとする意図が感じられます

そのためにも、あなた自身が法律の勉強をしっかりとする必要があるのです。

分からないことは曖昧にせず、基本的に考える習慣を身につけて判断していただける材料になるような内容をこれからも書いていければと思います。

 

※上記の内容は、平成26年11月9日時点の法律に則って記載しております。

 

関連記事

税ブロのロゴ.jpg

源泉徴収票を再発行してもらえないけど、どうしたらいいの?

さて、2014年の「一文字」は「税」に決まりました。 う~ん、なんともしっくりきませんね。

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

平成26年度の確定申告の還付はいつ?!

さて、今回もご質問いただきました、「確定申告の還付はいつ?!」について書かせていただきます。

記事を読む

tousi

海外移住時に株などの含み益に課税されるって本当?

さて、今回は日本から海外へ資産を持ち出す人へのバッドニュースです。 海外移住時に株などの含み益

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

国外にお金(財産)がある人は申告が必要って本当?

さて、確定申告も終わり、休暇も終わりましたので、また書かせていただきます。 今回は以外と知られ

記事を読む

hokenryoukouzyosinkokusyo

年末調整で提出し忘れたらどうすればいいの?《給与所得者の保険料控除申告書編》

前回は「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出し忘れた場合を書かせていただきました。 今

記事を読む

furusato

ふるさと納税してみませんか?2

さて、前回は「ふるさと納税」のおおまかな仕組みを説明致しました。 今回は、ふるさと納税が節税に

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

保険料と保険金の違いってなあに?

さて、しばらく空いてしまいましたが、ご質問いただきました「保険料と保険金の違いってなあに?」について

記事を読む

haikei3

NISA(ニーサ)は始めたほうがいい?

さて、前回は「NISA(ニーサ)ってなあに?」をご説明致しました。 今回は、結局やったほうがい

記事を読む

kirin

税金の勉強ってどうすればいいの?

さて、前回は「経費ってなあに?」という内容で書かせていただきました。 今回も、数名からご質問を

記事を読む

tousi

株式と投資信託はどちらがいいの?《投資信託編》

さて、前回は「株式と投資信託はどちらがいいの?《株式編》」を説明させていただきました。 今回は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

税ブロのロゴ.jpg
こうやって見たら「VALU」って無敵じゃない?

すごく久しぶりに書きます。すみません、ホント。  

税ブロのロゴ.jpg
個別のご相談はこちらから!

  日常生活における税金に関するお悩みにお答えします

20140918_gensenzeita
退職してからどれぐらいで源泉徴収票がもらえるの?1

すっかり時間が空いてしまいました、申し訳ございません。 週に数回

税ブロのロゴ.jpg
あなたの会社の経理は仕組み化できていますか?

大変ながらく更新が滞ってしまいました。 多くの質問にまだお答えで

税ブロのロゴ.jpg
社割り(従業員割引)を給与に加算されたんだけど?

さて、今回は質問をいただきました内容について書かせていただきます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑