*

平成27年(2015年)に施行される税制《相続税の基礎控除編》

公開日: : 相続税, 税金(総合)

さて、前回に引き続き、平成27年から施行される税制をひとつずつ見ていきたいと思います。

まずは、「相続税の基礎控除が下がる」内容です。

相続税なんて関係ないだろうとお思いかもしれませんが、今回の改正で持ち家がある方はそれだけで相続税がかかる可能性もあります

ぜひ内容をご一読ください。

 

相続税の基礎控除が下がる?!


 

なかなか身近な感じがしない「相続税」ですが、それもそのはず、今までは基礎控除が5,000万円あり、それ以上資産が残っていない場合は「相続税」がかからない法律でした。

その基礎控除が平成27年(2015年)から3,000万円まで減少します。

そして、「1,000万円×法定相続人の数」の控除も「600万円×法定相続人の数」に変更されます。

実際にケースを見てみましょう。

どれだけ増税になるの?!


 

結婚していて(配偶者がいて)、子どもが2人いる場合ですと、「5,000万円+1,000万円×3=8,000万円」の控除が今まで認められていました。

それが、「3,000万円+600万円×2=4,800万円」まで減少します。

仮に8,000万円の資産を持って相続が発生した場合、平成26年中ですと相続税はかかりません。

しかし、平成27年以降ですと、約440万円の相続税が発生します。

相続が発生するタイミング(亡くなる時期)は調整できるものではありませんが、今までかからなかった相続税がかかる可能性があります。

やっぱり大金持ちしか対象にならないと思われがちですが、そうではありません。

具体的に見ていきましょう。

今回の改正で誰もが「相続税」の対象に?!


 

上記の例でいきますと、4,800万円までは相続税がかかりません。

ですが、実は簡単に4,800万円を超えることがあります

家をすでに購入されている方は、土地の価格を確認しておいてください。

仮に家を3,000万円で購入されている場合、おそらく少なく見ても1,000万円程度は土地の価格です。

そして、土地の価格は価値が下がりにくいだけでなく、上がる可能性もあります

さらに「死亡した場合の生命保険」に加入されている場合、それに対する控除は500万円しか受けることができません

つまり、生命保険の死亡保障が5,000万円以上あり、不動産(家)を持っている場合は、それだけで相続税がかかる可能性が高いです

土地の価格によっては、相続税が支払えず、家を取り上げられる可能性もあります。

現状の資産であれば、どれだけの「相続税」が発生するかを確認しておくことが必要でしょう

ぜひ、毎年年末時にご家庭の「全財産」を確認することをおススメします。

 

予想もしていなかった相続税が急にかかるかもしれないと思うと、なんだか心配になりますね。

ただ、もちろん節税対策もあります

次回は節税対策について少し触れてみたいと思います。

 

※上記の内容は、平成26年12月10日時点の法律に則って記載しております。

関連記事

zigyougazou

節税のために学ぼう!~事業所得1~

前回は「減価償却費とは?」と、少し脱線して「減価償却費」の説明をさせていただきました。 今回か

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

個別のご相談はこちらから!

  日常生活における税金に関するお悩みにお答えします 周りに詳しい人がいない!とお困

記事を読む

20140918_gensenzeita

あなたの源泉徴収票は正しいですか?1

さて、今回は「収入と所得の違いとは?」でも軽く触れました、「源泉徴収票」を見ていきましょう。

記事を読む

seihokouzyo2

生命保険料控除の節税ケース1 ~終身保険で運用しよう~

それでは、今回からは生命保険料控除を使った節税のケースを見ていきたいと思います。 これから保険

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

年末調整で提出し忘れたらどうすればいいの?《住宅ローン控除・残高証明書編》

今回は住宅ローン控除を受けるための資料を提出し忘れた場合について書かせていただきます。 &nb

記事を読む

haikei3

収入と所得の違いとは?

はじめまして、から少し時間が空いてしまいました。 ブログページの設定やら何やら、新しいことばか

記事を読む

zeiseikaisei

税制改正大綱ってなあに?

前回の続きとして、「税制改正大綱」について書かせていただきます。 小難しい名前ですが、「新しい

記事を読む

H26seihokouzyo1

年末調整で確認しよう!~生命保険料控除1~

さてさて、今回からは年末調整の肝心なところ、「生命保険料控除」についてご説明させていただきたいと思い

記事を読む

hananoe

節税のために学ぼう!~基礎~

さて、前回にもお伝えしておりましたとおり、今回からは節税に繋がる内容を書いていければと思います。

記事を読む

27kaiseitop

平成27年度税制改正大綱 《法人税率の引き下げ》

さて、法人税率引き下げがついに実行されます。 今回はその改正についてみていきましょう。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

税ブロのロゴ.jpg
こうやって見たら「VALU」って無敵じゃない?

すごく久しぶりに書きます。すみません、ホント。  

税ブロのロゴ.jpg
個別のご相談はこちらから!

  日常生活における税金に関するお悩みにお答えします

20140918_gensenzeita
退職してからどれぐらいで源泉徴収票がもらえるの?1

すっかり時間が空いてしまいました、申し訳ございません。 週に数回

税ブロのロゴ.jpg
あなたの会社の経理は仕組み化できていますか?

大変ながらく更新が滞ってしまいました。 多くの質問にまだお答えで

税ブロのロゴ.jpg
社割り(従業員割引)を給与に加算されたんだけど?

さて、今回は質問をいただきました内容について書かせていただきます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑