*

年金をもらう時に働いていると、受け取れる金額が減ってしまうの?

公開日: : 厚生年金, 国民年金, 社会保険(総合)

さて、少し調べるのに時間がかかりましたが、今回はご質問いただいた内容について書かせていただきます。

年金をもらう時に働いていると、受け取れる金額が減ってしまうの?


 

年金の受け取りが60歳から65歳へと移行しつつあり、定年も65歳へ延びようとしています。

しかし、年金だけで生活するのが難しいのは周知の事実です。

そこで、年金を受け取り始めても仕事を続ける人が増えています。

しかしながら、年金を受け取りながら仕事をしていると、ある一定の金額以上稼いだ場合、受け取れる年金額が減ってしまうのです

この仕組みは「在職老齢年金」と呼ばれています。

さらに、60歳から65歳未満と、65歳以上で計算方法が違います

それでは、具体的に仕組みをみて行きましょう。

60歳を迎えた人の厚生年金・共済年金・国民年金 繰上げ支給から在職老齢年金まで 〔2012〕最新版 (単行本・ムック) / 服部営造/編

価格:1,728円
(2015/3/31 13:23時点)
感想(0件)

60歳から65歳未満の在職老齢年金計算方法


 

まずは計算方法の前提として、「基本月額」と「総報酬月額相当額」を計算する必要があります

「基本月額」とは、加給年金額を除いた特別支給の老齢厚生年金の月額、だそうです。

年金需給開始時に内訳が記載された紙がお手元に届いているはずですので、そちらでご確認ください。

「総報酬月額相当額」とは、「(その月の標準報酬月額)+(その月以前1年間の標準賞与額の合計)÷12」で計算するようです。

そして、これらの2つを基に計算します。

「基本月額」と「総報酬月額相当額」の合計が28万円以下の場合

→全額支給

「基本月額」28万円以下、「総報酬月額相当額」46万円以下の場合

→基本月額-(総報酬月額相当額+基本月額-28万円)÷2

「基本月額」28万円超、「総報酬月額相当額」46万円以下の場合

→基本月額-総報酬月額相当額÷2

「基本月額」28万円以下、「総報酬月額相当額」46万円超の場合

→基本月額-{(46万円+基本月額-28万円)÷2+(総報酬月額相当額-46万円)}

「基本月額」28万円超、「総報酬月額相当額」46万円超の場合

→基本月額-{46万円÷2+(総報酬月額相当額-46万円)}

この計算式だけを見ますと、超えなさそうなイメージが強いですが、常勤として賞与ももらっている場合であれば、受け取る年金額が減る可能性が高そうです。

こちらの複雑な計算式は、65歳未満までの場合に適用されます。

次は65歳以上の場合を見てみましょう。

年金が減る世代が考えたい老齢年金の繰り上げ、繰り下げの時期/小山俊【後払いOK】【1000円以上送料無料】

価格:1,080円
(2015/3/31 13:24時点)
感想(0件)

65歳以上の在職老齢年金の計算方法


 

「基本月額」が、「加給年金額を除いた老齢厚生年金の月額」に変わりますが、他は変わりません。

計算式のバリエーションはかなり少なくなります。

「基本月額」と「総報酬月額相当額」の合計が46万円以下の場合

→全額支給

「基本月額」と「総報酬月額相当額」の合計が46万円超の場合

→基本月額-(基本月額+総報酬月額相当額-46万円)÷2

この2パターンのみです。

仮に「基本月額」が28万円で、「総報酬月額相当額」が18万円だった場合は、全額支給されます。

つまり、年金を月28万円受け取り、月18万円までであれば働いても全額支給されるということです。

どれだけ働くことができるかを知るためにも、ご自身の現状は確認しておいてくださいね。

※上記の内容は、平成27年3月31日時点の法律に則って記載しております。

関連記事

nenkin

公的年金ってなあに?《障害給付》

さて、今回も引き続き年金について書かせていただきます。 今回は「障害給付」について書いていきた

記事を読む

nenkin

公的年金ってなあに?《厚生年金保険料》

さて、国民年金から厚生年金へと話を移して今回書かせていただきます。   厚生年金保

記事を読む

nenkin

公的年金ってなあに?《国民年金保険料の仕組み》

さて、前回の基礎を踏まえまして、今回も「国民年金」について見ていきたいと思います。  

記事を読む

27kaiseitop

平成27年度税制改正大綱 《雇用促進税制の拡充》

さて、今回も税制改正大綱について見ていきましょう。 今回は、雇用促進税制の拡充についてです。

記事を読む

syaho

医療保険ってなあに?《国民健康保険編》

さて、前回までで「健康保険」が終了致しました。 今回は「国民健康保険」について書かせていただき

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

退職後の社会保険(医療保険)ってどうすればいいの?

さて、今回は退職後の「医療保険」について書かせていただきます。   退職後の医療保

記事を読む

kigyounenkin

個人事業主や零細企業でも導入できる企業年金はないの?!

さて、今回で「企業年金」シリーズも最終です。 個人事業主や零細企業でも導入できる企業年金につい

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

平成27年(2015年)1月から高額療養費の制度が変わりました!

  さて、今回は2015年1月から制度が変わりました、高額療養費について書かせていた

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

退職所得控除ってなあに?

さて、今回は「ケースで見る企業年金の受取り方《退職所得控除》」で触れました、退職所得控除について詳し

記事を読む

syaho

医療保険ってなあに?《健康保険編・給付金1》

さて、今回は前回の基礎を受けて、給付金について書いていきたいと思います。 給付金の内容をざっく

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

税ブロのロゴ.jpg
こうやって見たら「VALU」って無敵じゃない?

すごく久しぶりに書きます。すみません、ホント。  

税ブロのロゴ.jpg
個別のご相談はこちらから!

  日常生活における税金に関するお悩みにお答えします

20140918_gensenzeita
退職してからどれぐらいで源泉徴収票がもらえるの?1

すっかり時間が空いてしまいました、申し訳ございません。 週に数回

税ブロのロゴ.jpg
あなたの会社の経理は仕組み化できていますか?

大変ながらく更新が滞ってしまいました。 多くの質問にまだお答えで

税ブロのロゴ.jpg
社割り(従業員割引)を給与に加算されたんだけど?

さて、今回は質問をいただきました内容について書かせていただきます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑