*

サラリーマンも経費が認められるって本当?2

公開日: : 最終更新日:2014/12/27 年末調整, 所得税, 源泉徴収票, 税金(総合), 節税

さて、前回の続きです。

サラリーマンも経費が認められます!このような条件です!さて、あなたにメリットはあるのでしょうか?

といった内容でしたので、今回は「あなたにメリットが生じるかどうか」を見ていきましょう。

 

ちなみに、前回終わりの方に出てきました「給与所得控除」さりげなく何度か出てきているのを覚えていらっしゃいますか?

サラリーマは元々、「実際に経費を支払っていなくても一定の経費が認められる」のです!

 

「実際に経費を支払っていなくても一定の経費が認められる」って何?と思われたあなた!

思い出してください!!!

「あなたの源泉徴収票は正しいですか?1」で少し出てきましたね。思い出せない方は遡ってご確認ください。

説明は後日。。。としてしまっておりましたので、ここで説明します。

「給与所得控除」とは、簡単に申しますと「サラリーマンだって経費は必要なんだから、いくらかは認めてよね!」という主張があり、国税庁が「でもいちいち領収書管理するのは大変でしょ?じゃあ年収に応じて一定額を経費として認めてあげるよ!」という流れでできた仕組みです。(かなりざっくりと説明しておりますので、詳しく仕組みを知りたい方は検索してみてください)

本音を言うと、「サラリーマン全員から確定申告されると、とてもじゃないが全て確認できない」という理由もあるようです。

 

「給与所得控除」はこちらの計算式で計算することができます。

平成25年分以後の給与所得控除の計算式

給与等の収入金額
(給与所得の源泉徴収票の支払金額)
給与所得控除額
1,800,000円以下 収入金額×40%
650,000円に満たない場合には650,000円
1,800,000円超 3,600,000円以下 収入金額×30%+180,000円
3,600,000円超 6,600,000円以下 収入金額×20%+540,000円
6,600,000円超 10,000,000円以下 収入金額×10%+1,200,000円
10,000,000円超 15,000,000円以下 収入金額×5%+1,700,000円
15,000,000円超 2,450,000円(上限)

(前回お伝えしましたとおり、年収660万円以下の場合はこの計算式は実務では使いません)

 

相変わらず前置きが長くなって申し訳ございません、では実際にメリットが生じるかどうかを見ていきましょう。

gensenkakko2

今回もサンプル税太くんの「源泉徴収票」を使います。

「給与所得控除」の金額は「赤①支払金額-青②給与所得控除後の金額」で計算することができます。

実際に計算してみますと、「4,303,628円-2,900,000円=1,403,628円」となり、「サンプル税太くんの経費(給与所得控除)は1,403,628円」であることが分かりました。

これを前回の「サラリーマンも経費が認められるって本当?1」で説明しました、最後の条件に当てはめて見てみましょう。

サンプル税太くんは年収1,500万円以下ですので、「1,403,628円×2分の1=701,814円」を超えている場合、その超えている部分が追加で経費として認められます!!!

 

こんなにお徳なことがあっていいのでしょうか。平成24年にサラリーマンを辞めた私としては悔やまれるばかりです(笑)

ぜひ一度、「サラリーマンとして働いている自分は、仕事のために一年間でいくら支払っているのか」を確認してみてください。

そして、その中から条件の6項目に該当する支払いをピックアップしてみてください。

それにより家計の見直しもできますし、もしかすると「特定支出控除」の申告をするメリットがあるかもしれません。

以前にもお伝えしましたが、「節税」をするためにはご自身(ご家庭)の現状をしっかり把握する必要があります。手間はかかりますが、「自分の経費はいくら認められているのか(赤①-青②)」ぐらいは知っておいてくださいね♪

 

さて、実はこのような内容を書いたのには、大きな理由があります。

それを次回の「サラリーマンも経費が認められるって本当?3」で書いていきたいと思いますので、お目通しいただけると幸いです。

 

※上記の内容は、平成26年9月19日時点の法律に則って記載しております。

関連記事

税ブロのロゴ.jpg

更正の請求ってなあに?

さて、前回は「修正申告」について書かせていただきました。 今回は逆パターン、「更正の請求」につ

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

公的年金等控除ってなあに?

さて、前回に引き続きまして今回は「ケースで見る企業年金の受取り方《公的年金等控除》」で説明させていた

記事を読む

seihokouzyo2

生命保険料控除の節税ケース3~医療保険の見直し~

さて、前回は「個人年金」について記載させていただきました。 そして関係ないですが、本日から私入

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

年末調整で提出し忘れたらどうすればいいの?《住宅ローン控除・残高証明書編》

今回は住宅ローン控除を受けるための資料を提出し忘れた場合について書かせていただきます。 &nb

記事を読む

27kaiseitop

平成27年度税制改正大綱 《雇用促進税制の拡充》

さて、今回も税制改正大綱について見ていきましょう。 今回は、雇用促進税制の拡充についてです。

記事を読む

umigazou

節税のために学ぼう!~譲渡所得~

長かった事業所得が終わり、今回からはスムーズに残りの所得を見ていきたいと思います。 順番ですと

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

はじまりました2015年

お正月を満喫中の方も、正月でも休みなんかねーよ!という方も、おはようございます。 ついに201

記事を読む

kigyounenkin

企業年金ってなあに?《確定拠出年金・個人型》

さて、前回に引き続き「確定拠出年金」について書かせていただきます。 今回は「個人型」についてみ

記事を読む

税ブロのロゴ.jpg

年末調整の還付額が減ったんだけど?

さて、今回もご質問いただいた内容について書かせていただきます。 年末調整の還付額ってそもそもな

記事を読む

27kaiseitop

平成27年度税制改正大綱《消費税増税延期編》

さて、こたつでのんびりと正月を満喫しておりますが、皆様もゆっくりしていらっしゃるでしょうか。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

税ブロのロゴ.jpg
こうやって見たら「VALU」って無敵じゃない?

すごく久しぶりに書きます。すみません、ホント。  

税ブロのロゴ.jpg
個別のご相談はこちらから!

  日常生活における税金に関するお悩みにお答えします

20140918_gensenzeita
退職してからどれぐらいで源泉徴収票がもらえるの?1

すっかり時間が空いてしまいました、申し訳ございません。 週に数回

税ブロのロゴ.jpg
あなたの会社の経理は仕組み化できていますか?

大変ながらく更新が滞ってしまいました。 多くの質問にまだお答えで

税ブロのロゴ.jpg
社割り(従業員割引)を給与に加算されたんだけど?

さて、今回は質問をいただきました内容について書かせていただきます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑